« 不動産購入セミナーにて | トップページ | 資産の一部は保険が良い(若いうちに入って、老後に備えられればベスト) »

2008/08/27

住宅ローン破綻 増加中

 

住宅ローンどこで借りていますか?

20年ほど前に住宅ローンを借りようとした人は、「住宅金融公庫」に行って申込みをされていました。
10年ほど前なら、銀行で住宅ローンを借りた人が多いと思います。

銀行が、企業向けでは破綻懸念が高いこともあって、個人客向けの融資を増やしてきていること、その競争で金利が低めに設定されたこと、なんかが影響しています。

 

しかしそれでも、いまでも、住宅金融公庫は根強い人気。とくに、最近は、金利上昇懸念があるために、固定金利で組もうという方が増えてきて、ここのフラット35で組まれる方が増えています。

住宅金融公庫は住宅金融支援機構に鞍替えしました。
徐々に民営化ということもあり、情報公開も積極的にされるようになっています。

--------

さて、本題、この住宅金融支援機構の資料から、住宅ローンの延滞・破産の割合(=リスク債権額)のグラフを、年度ごとの報告から一生懸命、作ってみました。
   (http://www.jhf.go.jp/investor/issue/index.html)

Koukousaiken


今ではなくなりましたが、以前は「ステップ返済・ゆとり返済」と言いまして10年後から金利が高くなるローンでした。

  「10年経てば給料も上がっている、と思ったけど、ダメ」
  「あー、来月から返済額が3割上がるよ〜 払えないよ〜」

なんて言う方がどれくらいあるかわかりませんが、ここしばらくずーっと、破綻率上がっています。特に直近は一年前の1.6倍の破綻。

----------

えっとですね、ステップ返済は、最初っから金利がこれだけ上がるって分かっているローンです。これでも払えないのに、ここ10年以内に銀行の変動金利で借りた人、ご注意ください。今後金利が上がっても払っていけることをお祈りしております。なんてったって過去30年で見れば史上最低金利でしたからね。

私はこれから住宅ローン破綻が、ますます増えると思います。
だって担保価値より収入(返済割合)で貸しているんだから。こんなお金の貸し方はサラ金と同じ。企業会計を習った方は分かると思いますが、バランスシートが悪いんです。
昔に比べてリストラ・倒産・退職、いろんなことで収入が減って支払えなくなるリスクが格段に高くなっているのに、簡単に貸しているんだから、いずれ調子がおかしくなります。

----------

とある親御さんから、

  「娘から電話があって、旦那の会社が倒産して、失業保険も
   無くなって、就職試験も落ちたらしい」

なんてお話しをお聞きしました。しかもこの方、反対したんですが、「全額ローン」。
これから家を買う方、物件価格の3割以上の頭金はご用意ください。将来の収支が全然違ってきます。(もちろん、もっと用意できるのにこしたことはありません。)頭金が増えれば将来がどれだけ楽になるか是非将来キャッシュフローを作ることをお奨めします。

無料相談はこちら
 Koukoku


住宅ローン、大きな借金を背負っているわけですから払えない!なんてことになればことは簡単ではありません。でも、状況によっていろんな対策が取れたりします。
銀行の金利を負けて貰う方法があったりとか、任意売却で家を買うなんていう技があったりとか、もちろん、場合によれば一旦売却して清算してから再スタートするとか。

10年後に自立の幸せが得られるライフプランができそうなら、私は、自己破産も例外にしていません。だって、親も子も夫も妻もみんなが悲しむよりいいでしょ。倒産で自己破産、こんなの今やめずらしくないし、7年経てばローンも組めるようになります。ずるずる苦しむより、早く立ち直った方が良くないですか?

間違っても、収入の予定がないのに、消費者金融なんかで借りないでくださいね。

 

 

|

« 不動産購入セミナーにて | トップページ | 資産の一部は保険が良い(若いうちに入って、老後に備えられればベスト) »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/42284186

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローン破綻 増加中:

« 不動産購入セミナーにて | トップページ | 資産の一部は保険が良い(若いうちに入って、老後に備えられればベスト) »