« 同年代ボーナス格差  | トップページ | 人生マネー相談・ライフプランのご相談 »

2008/07/18

国民年金の受取額を増やす

国民年金の受取額を増やそうと思うと、受け取る前にいろいろしなきゃいけません。
よくあるのは20〜60歳の40年間に空白期間があるので、60歳以降も払い込こむことで、受取額を増やすという方法です。国民年金は65歳支給が原則(繰上支給しない場合)ですから、元気でまだまだ働いている自営業さんにはこれをお奨めします。
年下の専業主婦の奥さんなら、ご主人が退職されたとたん、第3号被保険者をはずれるわけで、自分で自ら国民年金に加入しないと、支給額が減る、なんてこともよく起こっています。
(でもたまに、どうやっても25年の支給要件に満たないひとがいたります。年金の支給要件には要注意です)

------

で、これ以外に、「付加年金」という方法があります。ただし、わずかな額です。。。が、とてもお得。
月々400円上乗せして支払うと、受取額が200円ふえるというもの。
400円×12ヶ月×10年分=48000円 払うと、
200円×120回分=24000円 年金額が上がる

単純に年金を2年以上受け取れば元が取れるという年金です。
まあね、40年間満額で納めていても、支払総額20万円弱、年間受取額10万円弱という金額ですが、2年以上貰えばそのあとずっと得になるというのはなかなかメリット大です。

---------------------------

この付加年金、年金改革が行われるとどうなるかわかりません。
今、国民年金の未納者をどうするかでいろいろ議論されてます。「税方式にすると、未納者にも支払われるが、真面目に払った人が損になる」とか。「付加方式で、真面目に払った人は上乗せする」とか、「新しい人から税方式にして40年かけて移行させる」とかいろんなことが議論されています。

この付加年金。これらの議論の話題に上っているなんて聞いたことがありません。ほとんど蚊帳の外。ま、今だってこれは任意加入なので、これはこれで独立して存続するんじゃないかと想像しています。

ちなみに私、入ってます。月々14410円+400円上乗せ。ま、割引して貰うために、1年払いにしていますけど。

|

« 同年代ボーナス格差  | トップページ | 人生マネー相談・ライフプランのご相談 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/41766537

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金の受取額を増やす:

« 同年代ボーナス格差  | トップページ | 人生マネー相談・ライフプランのご相談 »