« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月に作成された記事

2008/07/30

住宅ローン:みんな、いくらの家を買っているか?

住宅購入のご相談。いくつかパターンがありますね。
 
  ●子供の学区を考えて、とか
  ●ローン年数を考えて、とか
  ●家賃と比較して、とか
 
私の実家近くでは、親の家が古くなったので建て替える、というパターンもあります。
結婚を機にというのは親が絡んで2パターン。「まだ生活が落ち着いてからでいいんじゃない?」と言う親と、「家賃払うくらいだったら。頭金出してやるし」という親。
  結納が決まって
  「じゃあ、敷地内に子供夫婦の家を建てようかと思ってるんですが」
  、、、、
  「子供さんの意見きいてからで良いんじゃないですか? だいたい通勤できないでしょ」
  「いやでも、いずれ帰ってくるし」

これで帰ってこなくて、遠く遠くに行っちゃう場合もあったりするんですよねぇ〜。しかも土地と建物の名義違うと、後で相続とか離婚とか売却とかで、えらく大変になったりとか。
何はともあれ、関係者の意見尊重が大切です。「私がお金を出すんだからと、奥さんの意見を一切聞かずに家を建てたご主人」ついに離婚騒ぎになりましたよ。

-----

さて、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の平成19年度の調査からです。
フラット35利用者平均像のうち、土地付きで家を買った人はどれくらいの平均像か? って言うのを抜き出しました。(詳細は こちら )

Flat35


首都圏と関西圏の値段の差は、ずばり土地の値段です。

  首都圏  土地 2135万   建物 2337万
  関西圏  土地 1754万   建物 2330万


グラフにはありませんが、平均返済率(年収に占める返済額の割合)23%ほどです。
世帯年収700万なら、年間161万円の御返済。
 
-----
 
サラリーマンの住宅購入は、一番大きな買い物です。
もう少し大きめが良かった、小さめが良かった、返済が大きすぎた、なんてことにならないようにご注意ください。
多くの方が、購入後の固定資産税等の支出やメンテ費用(給湯器、壁の塗り替え、畳等の消耗品・・・)の考慮が足りません。そして、ローン返済までの家族生活の変化、これも重要です。
 
平均像(首都圏で年収770万 37歳 年間170万円の返済)の人が二歳と五歳の子供を持ってる、、、、なんて時は、相当収入アップしないと、教育費をしっかり見込んでおかないと家計が苦しくなると思います。10年経って子供が高校受験、、、あっという間です。10年あれば、かなり無理なく貯められますよ。しっかりご準備ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

保険;喫煙/健康体 割引

生命保険とか医療保険とかの民間保険の保険料、
いろんな割引があって、だんだん、訳分からなくなってきました。
以前は喫煙か非喫煙かで割引があったのですが、それ以外にも出てきています。もうかなりの保険会社が採用していますね。


  ノンスモーカー割引
  元気割引(健康体保険料率)・・血圧・BMI・尿検査で判定

-----

選択肢が増えることは喜ばしいことなのですが、いろんな会社がいろんな割引を作ると、アドバイザーの立場である私としては、どこが一番良いか、だんだん分からなくなって非常に苦しい立場になってしまいます(;_;)。

でも言えることがひとつあります。

保険会社は、なるべく保険金を払わないであろう契約者を少しでも増やしたい。
そして、その分保険料を安くして惹き付けよう、なんて言う意図があるに違いありません。

優良体を割り引きにするのは良いことですが、逆に、保険に入りにくい人にどうやって保険を組み立てるのかについて取り組むべきでしょう。告知義務で業界が叩かれ(叩かれて当然なことをしたわけですが)、それ以後、問題になりそうな方の保険加入を断るケースが増えているように思います。5年以内の入院歴、2週間以上の通院歴、これに引っかかって入れない人が多い。

つまりは、保険に無縁そうな人に入って貰って、本当に保険が欲しい人には入って貰いたくない。そんな営業上の戦略。そして、そういう人に不必要に大きな保険(商品)を買ってもらって利益を生み出そうとしているなんてことも多かったりします。

いい加減、社会インフラとして、保険にはどういう使命があるのか、しっかり認識してもらいたいものです。業界全体として。
割増料金や不担保設定で引き受けてくれそうな保険会社の私が信頼できる保険担当者に聞いてみても、「社として断っています」と言われれば、どうしようもありません。


とは言え、優良体割引。
もし該当するならば高いよりは安い保険料の方がいいですよね。
インターネットからの申込みでは、この適用が無いところなんかもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/25

新ETF:ロシア・ブラジル・南アフリカ

先月、ETF一覧をまとめたのところなのですが、まだ増えています。先週から始まった物、来週から始まる物、です。NEXT fundシリーズ。


  7/18上場 ブラジル株式指数連動型
  7/29上場 南アフリカ株式指数連動型
  7/29上場 ロシア株式指数連動型

今のところ以前紹介した、セクター別のETFは人気のある物ない物いろいろのようです。人気のない物は全然取引がなかったりしますね。

さて、この新興国向けETF、人気が出てくるでしょうか?


  1323/大証 南アフリカ株式指数・FTSE/JSE Africa Top40
  1324/大証 ロシア株式指数・RTS連動
  1325/東証 ブラジル株式指数・ボベスパ連動


【関連記事】
2008/06/11 どんどん増えるETF(指数連動投信ETF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/23

おいらの携帯が使えなくなる(;_;)

ソフトバンクから、

「あんたの携帯、来年くらいで使われんようになんねん、ゴメンな」

なる葉書がやってきた。

2gkeitai
===
 2010年3月31日(水)
 までに、第2世代(2G)携帯
 電話サービスを終了させて
 いただきます。   
===

   
 
おいらの携帯は、今は携帯事業から撤退した三菱製のV401D、しっかり第二世代じゃん。
 
 
うぅぅ、流石、孫社長。
 
電気通信事業者協会で、2008.6月現在の数字を見ると、
 
  「あれぇ、みんな第3世代・第3.5世代やん」

  第2世代は12%で。ソフトバンク分は4%
 でもソフトバンクの中だけで見るとまだ2割いるんですけど。。。。

未だに機能を使い切っていないし、データフォルダへの転送もよくわからないし、やっていないゲームもあるんですが・・・iPhoneが忙しくて、第2世代まで構ってられないってことですかね。
 
特に困っていないし、買い換える理由が無いんだけどなぁ、結構気に入ってるし。
もったいねぇなぁ、腹立つなぁ、悔しいなぁ。取りあえずバッテリー交換申込もうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

山林の相続;山が一杯あるAさん

田舎にお住まいのAさん。どれくらいの田舎かというと、鹿・猿・イノシシが悩みというからかなりの田舎。
ご主人はもう他界され、かなりの山をお持ちで、お子さんはお二人、もう独立されて今は一人暮らし。

さて、この山の将来の相続問題。

現状もう手入れする力がなく、下草刈りくらいを頼もうにも、かなりの出費となるためもう、ほとんどのところで荒れ放題。

杉は価格がつかず、正直二束三文の土地になりつつあるということ。

まあ、相続しても山地の資産評価も固定資産税もかなり安いです。
が、出費になることは間違いなし。お子さんのどちらかまたは両方が払うことになりますね。

それより問題は、イノシシ対策、鹿対策、猿対策。近隣の人から何か言われたら何かしないといけない。ゴミの不法投棄なんかがあればその処理もしなきゃいけない。こういった出費の方が辛かったりします。

全然財産がなくて、それこそ山しかないのなら、相続放棄して、国にあげちゃうということもできますけどね。実家があるしそれ以外の財産があるので、それもダメ。

うーみゅ、、、お金だけ考えると二束三文でも売った方がいいですねぇ。お金になるならないじゃなく、将来の出費を抑えられるかどうかと言う観点で。
 今ある「山」という資産。これが本当に資産なのかどうか。単に、出費だけしかないのだったら、それは資産じゃなくて負債と同じです。
  
 同様のことを、田舎の農地でも聞くことがあります。
 土地という資産が実は負債。
 
 
 日本の第一次産業を放っておいていいのだろうかととても不安です。でも林野庁に任せるのも不安だったりします。(破綻状態の緑のオーナー制度とか緑資源機構不祥事とか)
 10年後、山で畑で田んぼで作業している人は誰だろう?今見かけるのはほとんど高齢作業者ばかり、、、次の担い手がいないぞ〜。
 
 農水省のばらまき行政ではなく、次の担い手を作り出す政策が望まれます。広報とかイベントとかじゃなくてね、どんな未来像を描けるかというのが農水行政の「芯」じゃないのかなんて思います。(※とは言え今瀕死状態にある中小零細従事者の救済もなんとかしないと、日本の農業は壊滅するかも。)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/19

人生マネー相談・ライフプランのご相談


  風が吹けば、桶屋が儲かる
 
  不景気になれば、ファイナンシャルプランナーが儲かる

 

多くの方は、株価が下がると「FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事が減るでしょう」なんて思っていたりします。とくに銀行関係の方とか。

でも違うんです。お金にシビアな時代になるほど、人生とお金を考える人が増えて、私のようなライフプラン主体のFP屋さんにはとてもチャンスなのです。
というわけで広告を作ったのでした。


Chirashi_2
(クリックで拡大)

-----

昨日、このブログのアクセス数が60,000を超えました。
5月に50,000アクセスを超えて、約1.5倍ペースになっています。
有り難いことです。<(_ _)>    今後とも宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/18

国民年金の受取額を増やす

国民年金の受取額を増やそうと思うと、受け取る前にいろいろしなきゃいけません。
よくあるのは20〜60歳の40年間に空白期間があるので、60歳以降も払い込こむことで、受取額を増やすという方法です。国民年金は65歳支給が原則(繰上支給しない場合)ですから、元気でまだまだ働いている自営業さんにはこれをお奨めします。
年下の専業主婦の奥さんなら、ご主人が退職されたとたん、第3号被保険者をはずれるわけで、自分で自ら国民年金に加入しないと、支給額が減る、なんてこともよく起こっています。
(でもたまに、どうやっても25年の支給要件に満たないひとがいたります。年金の支給要件には要注意です)

------

で、これ以外に、「付加年金」という方法があります。ただし、わずかな額です。。。が、とてもお得。
月々400円上乗せして支払うと、受取額が200円ふえるというもの。
400円×12ヶ月×10年分=48000円 払うと、
200円×120回分=24000円 年金額が上がる

単純に年金を2年以上受け取れば元が取れるという年金です。
まあね、40年間満額で納めていても、支払総額20万円弱、年間受取額10万円弱という金額ですが、2年以上貰えばそのあとずっと得になるというのはなかなかメリット大です。

---------------------------

この付加年金、年金改革が行われるとどうなるかわかりません。
今、国民年金の未納者をどうするかでいろいろ議論されてます。「税方式にすると、未納者にも支払われるが、真面目に払った人が損になる」とか。「付加方式で、真面目に払った人は上乗せする」とか、「新しい人から税方式にして40年かけて移行させる」とかいろんなことが議論されています。

この付加年金。これらの議論の話題に上っているなんて聞いたことがありません。ほとんど蚊帳の外。ま、今だってこれは任意加入なので、これはこれで独立して存続するんじゃないかと想像しています。

ちなみに私、入ってます。月々14410円+400円上乗せ。ま、割引して貰うために、1年払いにしていますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/17

同年代ボーナス格差 

昨日、ボーナスのことを書きましたが、追加の情報を発見!

日経ナビ2009より・・・・
業界別の、「同年代社員の支給額に最大50%以上格差をつける企業の割合」。
      グラフはこちら
  
グラフだけの引用だと、不十分かも知れないので、全文のURLも(こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/16

夏のボーナス2008、−0.3%微減

-----
【2008.7.23追記】
経団連発表では、
平均909,519円 昨年比−0.08% 、でした。(http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2008/050.pdf)
----- 


やっと出ました、ボーナス集計

日経のニュースです。
  http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080715AT1D1104114072008.html

平均支給額は前年比0.30%減で、2002年夏以来、6年ぶりのマイナス。
額がまだ出ていないのですが、昨年91万円台。ほとんどこれと同じ。
そして、その前(2007冬)が82万円とか83万円とかになっています。

  http://tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2007/07/post_fd22.html

どうも最近は、業種ごと会社ごとの差が大きいように思います。そして、中小ではボーナスやら退職金がどんどん減っているなんていう傾向があるようです。

  「中小の退職金がほとんど見舞金ですね。というか、倒産ぎりぎり
   のところが増えていてなかなか保険が売れません。
   一方、めちゃめちゃ儲けている社長さんもいらっしゃるんですけどね。」

先日お会いした保険屋さんもこんなことを言っておられました。私がこの前伺った知り合いの社長さんも、工場の使わなくなった装置とか、不良在庫化した在庫? 半製品? を片づけておられました。それもお一人で。。。。もう従業員0。(ちなみに借金を圧縮したので業績は下がってもそれなりに経営できている例かな、と。)

中小企業厳しいなぁ。大手もバラバラになってきたなぁ、という感じで、だんだん、統計の意味が無くなってきているような気がします。

----

さて、ボーナスをどこに預けるか?
昔は、10年預けると2倍、20年預けると4倍になった時代がありました。
100万円が400万円になって、昔は、不労所得300万円が 定期預金 でできました
いまは低金利で、そんな時代じゃありません。だからインフレに対応できる資産運用が必要になってきています。
国債・外貨・社債・株、こういう知識=リスクとリターンの知識を少しずつ蓄えて、リスク分散しながら運用していくことが必要になってきていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

年金生活;高い国保保険料

年金生活にはいると、税金や社会保険料の負担が結構気になってくるものです。
なんてたって、10万20万っていう請求が来るのですから。

と言いましても、現役時代に比べるとかなり安いはず。給料天引きだから、こういう税金・社会保険料を知らない人が多くて、時折、

  「おれ、こんなに払ってんだ〜。でも俺の小遣いには関係ないしな〜」

こんな方が多いんじゃないでしょうかね。
現役中は扶養にもよりますが、税金と社会保険で、年収600万で1割の60万くらい払ってるなんていう人多いと思います。

さて、京都市の健康保険料、図のような感じになります。

Kyoutoshikokuho

よく、住民税の安い地域はどこ? なんて聞かれたりしますが、基本的に住民税はどこでもほとんど差がありません。でも健康保険は地域によって大きな差があります。計算式がバラバラなんです。計算式の境目なんかで、大きく変わったりします。
退職後の健康保険・退職金と税金、その後の生活プランと税金・健康保険、そして、雇用と年金の支給調整や失業手当、これらで毎年数万〜数十万かわってきますので要注意です。


なお、先月書きましたが、今年10月から国保の保険料が年金から天引きになります。来年10月からは住民税も天引きされることになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/11

景気最悪? 日本株はダメかな

今週、6月分の「景気ウォッチャー調査」の結果が内閣府より発表されましたが、現状判断DIは、前月比2.6ポイント低下の29.5。

非常に、わる〜い結果です。
 
Watcher

 
 
雇用関連が、前月差-5.5の26.4。これは2002年の水準です。
小売関連が、29.1。これも2001年10月の29.5より悪い最悪水準。

ここ数年のDIと、日経平均株価を並べてみました。

Di_nikkei_2

私の思い描いていたシナリオ、
 
     サミット 
  → 内閣改造
  → 北京オリンピック 

どれも盛り上がりに欠けて、不発になりそうです。
 
期待していた社会保障国民会議の中間報告は、社会保障費の増大について真面目に国民に問いかけるのかと思いきや、「なんやこれ〜」という曖昧な内容で、しかも増税ありきのような報告。もう少しくらい、無駄を省く方策がないのかよ〜という感じ。
 
日銀は、「弱含み」のまま、一向に物価対策について有効な手が打てないまま他人事のような短観を出し続け、政府は政府で、最も零細事業者である農業・漁業従事者に劇的な特効薬も出せていない。
 
 
ヨーロッパECBは利上げでインフレ抑制・アメリカドルとの金利差拡大。唯一、期待できるのは、世界的インフレの中で、日本のインフレがまだ落ち着いているという点だけ。それでも、企業物価指数は前年比+5.6%という27年ぶりの高い伸びで、消費者物価指数は実質15年ぶりの+1.3%。ちなみにヨーロッパの消費者物価は+3.6%くらいになっています。
 
 
商品市場への資金流入が止まって、背理法で日本買いになるかどうか。一般的には金利引き上げは経済にマイナスなのだけど、将来を考えると日本もECBに追従して、公定歩合(オーバーナイト金利)の引き上げもありなのかな、なんて思う。

国債金利と社債ほかのスプレッドを見ると、今おもしろいのは債券市場か。こう下がっていくと、着実に+1.5〜1.7%を出してくれる国債なんてのも捨てたものじゃない気がする。しかーしそんな余裕資金はないぞ〜。

とまあ、なかなか先読みできないのであります。
こんな時は、下手に動いて火傷するより、動くの我慢ですかね。短期狙いは大体処分しました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/09

最近の詐欺の手口

どんどんいろんな手口が出てきていますね。オレオレ詐欺・振り込め詐欺。個人情報を聞き出すというのも増えているようです。


○「役所への手続きを忘れている。キャッシュカードを確認をしたいので訪問する。」という電話。
 
○「あなたの銀行カードが犯罪に使われた」とカードをスキミング。
 
○「定期預金が満期になったので普通預金に振り込んだ。確認してください。」と言われ、銀行に一緒に行った。
 
○架空の保険会社から「未払いの満期金があります、ついては、こちらの書類にご記入後ご返送ください」と個人情報を聞き出そうとする手口。
 
○自動音声の電話で「還付金のお知らせです。・・・再度お聞きになる場合は1を、担当者におつなぎする場合は2を」 で、2を押すと、住所や氏名などの個人情報を聞かれる。
 
 

 
この春から、京都市文化市民局という消費生活の担当部署主催の「京(みやこ)・くらしのサポーター」というものに参加しています。上にあげたのはそこで聞いた情報とか、ネットで知った情報とかです。

電話、要注意です。
喋っていると、ついうっかり話の中で、どの銀行に預金がある、とか、いくらくらいある、とか、喋ってしまったというのをお聞きしたりします。業者は少しずつ少しずつ情報を蓄えますので、ご注意ください。

うちの親も単純な勧誘電話に

  「もう80歳超えた一人暮らしですから」 

なんて、不用意にベラベラと喋ってあとで注意しているのですけどね。

  「85歳まで入れる保険のご紹介です。」 

ほらね、言わんこっちゃない。(>o<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

給料カット;父も兄も従兄弟も、公務員

  真面目だけが取り柄でねぇ・・・・

うちの亡くなった親はよくこう言われて(言って)いました。

大阪府の財政再建計画で人件費カットが議論されていますが、うちの義兄がもろにこれにあたってます。十数%の給与カットがなされると、毎月10万カットで、年額だと120万くらい。

もし、住宅ローンを抱えていて、教育費がかかる世帯だと、これはもう大変でしょう。
(ひとり独立して住宅ローンもなくてよかったね♪)

-------

真面目に勤めている公務員。

こういう人にしわ寄せがいくのは心苦しいような気もしますが、やはり、人件費カット必要なんじゃないでしょうか?

あちこちに見られる縦割り行政のムダ。非常に忙しい時もあればめちゃめちゃ暇な時。忙しい部署と忙しくない部署、こういうところにムダができていて、まして、公務員の不祥事やら不公正な行政で公務員の中から声を上げる人が少ない。
声を上げられないという風土があるのなら、それは連帯責任で給料カットしないと、納税者は納得しないでしょう。声が上がらないからムダがなくならない。

真面目だけじゃだめな時代。行政を変えていく意識を持たなきゃいけない。それに有効なのは給料カット。若い間は非常に安い公務員給料と年齢に従って仕事内容にかかわらずというか仕事が変わらなくてもあがっていく年功序列賃金、このあたりを改革しなけりゃ。

ま、どれくらいのカットが妥当かというのは別問題ですが、税金は湯水のようにある訳じゃなく、足りなきゃ増税すればいいなんてものでもないのは当然のことですよね。

-------

先日、大阪和泉市が市立病院の赤字補填のために、全職員の給料カット(管理職10%、職員2%)を発表しました。
  http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200806270087.html

病院経営を人件費で補填という方法論は別として、公務員の意識改革になるという点では、私はとても評価しています。

高齢者が増えるので、来年、2兆円ほどの社会保障費が必要らしいです。
国家公務員100万人いますから、(※1) 一人平均200万円で2兆円、、、は無理としても、半分くらいを給与削減で賄うなんてことをしないと。

  意識改革には、給料カットが一番有効!

これをしない限り、消費税アップなんて出来ませんよ。自民・民主どっちが政権をとっても、倒れるような気がします。

あと、地方交付金という国と地方のお金の関係、つまり、地方が財政努力してもその分交付金が削減されるという、努力が報われない財政システムも変じゃないかなと思います。

※1 行政改革推進本部 専門調査会資料の参考6(H18.7)
  http://www.gyoukaku.go.jp/senmon/dai1/siryou.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/04

原油高

原油高 どこまでいくんでしょう?

Wti
今日はコメントいたしません。

どんな影響が出るのか、私自身よくわからない。
はぁ (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

1兆円の利息取りすぎ(サラ金大手4社)

最近、電車に「利息払いすぎていませんか?」なんて言う広告が出ていたりします。

消費者金融から限度額ぎりぎり50万円を、10年くらい続けて利用していた人。いわゆるグレーゾーン金利29.2%ですでに払った利息が大きくて、実際に再計算すると、借金チャラになるくらいになっている人が大勢おおぜいオオゼイいます。(でも業者自らは返そうとしてないんですよねぇ・・・)

最近最高裁判決が出て、返還義務がはっきりしましたので、昨年あたりから、各消費謝金融会社は決算にその額をおりこんでいます。

グレーゾーン金利 大手4社
  その額合計 1兆円・・・取りすぎ利息 
 
   武富士 3863億円の残高
   アコム 3748億円の残高
  プロミス  877億円の残高
  アイフル 1437億円の残高
 
 ※ 各社の平成20年3月期決算短信、利息返還損失引当金の計上額

 
 
 しかしながら、自ら「あなたにはこれだけ返せます!」なんて言う気はないらしく、各社とも年間の返還額は数十億くらい。これは決算予算書に織りこんでいる額。結局、弁護士・司法書士なんかが間に入った人が払い戻されているというのが現状のようです。(最近では独力で取り返す人も出ているようですが、そんな出版物を見たことがあります)
 
 一番上に書いたような人、グレーゾーン金利で長年借りていた人は、取り返せる場合が多いと思います。専門家に相談されることをお勧めします。
 ちなみに弁護士費用20〜40万円くらいが目安じゃないかと。数社から長年借りている人は、弁護士費用を払っても200万円くらい戻ってくる、なんて人も大勢いますよ。
 まずは、いつどれくらい借りたかという記録(記憶でも)を作って、市民センターなんかの相談窓口にご相談されることをお奨めします。
 
私の叔父さん亡くなったあとに、「債務が残ってます。200万」みたいな手紙が来ましたけど、実際の損金はいくらだったのかなぁなんて思います。

------

あっ、ちなみに、住宅ローンでも、諸費用ローンの部分がグレーゾーン金利だったなんていう例も聞いています。こういう人は、利息を払いすぎているので注意しましょう。やっぱり自ら言ってくれません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/01

茅の輪くぐりで邪気払い

日頃宗教にほとんど縁がなくても、結構、水無月(和菓子)だけは食ってるな、なんて思っていたのですが、神様系の儀式で、大祓の日が、6月30日ということらしい。

最近、あまりいいニュースはないし、株もいまいち、物価高のニュースばかり。
苦しい時の神頼み、とりあえず、邪気払いすることにしました。
(だいたい、こういう儀式の存在すら記憶が怪しかったりする不信心者です、でももう覚えましたよ、一年の丁度半分の日)
 
Chinowa_2
 
京都市右京区の自宅から、自転車で15分ほどの、車折(くるまざき)神社(ここは芸能人に有名な神社でもありますが)で、茅の輪をくぐってきました。そんでもって、自転車を進めると、その昔、斎宮が身を清めたという斎宮神社があって、こちらの茅の輪も立派そうだったので、くぐってきました。
(神社のはしご、って良くないんでしたっけ。我が身のけがれの多さを考えると、ま、2カ所くらい良いってものでしょう)

もう今年も半分経ったんだ、なんて感慨もひとしおに、後半戦も頑張っていきましょう!
ことしも梅雨・盛夏・残暑とつづきそうですが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »