« 住宅ローン控除と住民税 | トップページ | 年金から天引き:秋から国保も住民税も »

2008/06/23

税源移譲による住民税減額の申請は7月だけ

昨年、税源移譲があり、所得税から住民税に税金が移りました。所得税が減って、住民税は一律10%。
日本の大多数の中低所得者で言えば、住民税5%→10%になってその分所得税が減ったということになっています。

で、住民税は,前年中の所得に対して課税されます。でも、退職などで、平成19年中の所得が大幅に減った人は、所得税減税分の恩恵がないまま、住民税はしっかりかかる、なんてことになります。
こういう人は、税源移譲前の税額まで減額する経過措置がありまして、平成20年7月1日から同月31日までに申告書の提出が必要。

これの対象者はなかなか居ません。
こんな、限られた対象者が身近にいるのか、なんて思っていたら、なんと自分が対象者でした。平成18年の6月までは会社員だったのでそれなりの所得があって、平成19年は所得なし。しっかり該当者です。思わず忘れるところでした。

昨年払った住民税の計算10%を5%で再計算してくれるはず。固定割があるので、住民税の4割ほど戻ってくるってことですね。

しかしまあ、なんで1ヶ月間しか申請期間がないのかよくわかりませんが、そうなっているようです。
 

|

« 住宅ローン控除と住民税 | トップページ | 年金から天引き:秋から国保も住民税も »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税源移譲による住民税減額の申請は7月だけ:

« 住宅ローン控除と住民税 | トップページ | 年金から天引き:秋から国保も住民税も »