« 違法建築を見てしまいました | トップページ | アメリカと日本の金利、物価上昇に耐えられる? »

2008/04/02

後期高齢者医療制度;高齢者と医者はどうなる?

今月から、75歳以上の方すべてに関わる保健制度、「後期高齢者医療制度」が始まりました。

私ももう2年くらい前から時折これについて書いていますが、まだ全貌が現れていないように思っています。
まず、この制度の主なところをまとめると、次のようになると思っています。


(1)原則、年金から天引き。標準世帯で月6200円
   低所得者については、保険料5割減、7割減の減額がある。
   今まで健康保険組合の扶養となっていた方については負担増。
   
(2)高齢者のほとんどは国民健康保険であるが、高齢者部分と現役部分とで
   財政上切り分けたい。高齢者部分でどれくらいを占めているか数字にしたい。
   そして、この数字が、2年ごとに保険料を改定する基礎数字となる。
   すなわち、今後高齢化が進んで受診機会が増えるほど保険料は上がる。
   現役者がザル勘定で負担していた保険料負担が数字で表れるようにした。
 
(3)従来の出来高払い(薬・検査が多いほど医療機関への報酬が増える制度)から
   慢性病については、病名で診療報酬を決める制度になった。
   すなわち、薬を出さず、検査も極力抑える方が医療機関が儲かる仕組み

(4)かかりつけ医という制度(複数の受診・検査歴をかかりつけ医が管理)を作った。
   今後、かかりつけ医を希望する開業医を増やしていく予定。
 
(5)国保は市町村管轄だけれど、今回広域連合(府県単位とか)にして、自治体選挙
   への影響を少なくした。


厚労省は公式には「今までと同じ医療が受けられます」という見解を示しています。
でも、(3)の影響がこれからどのように出るのか、、、
 
 「ちょっと、胸が痛いんですけど」

と言う時に、「じゃあ検査しましょうか」と言っていたのが
      「もうちょっと様子を見ましょう」
      「眠れないんで睡眠薬ください」
      「あまり飲むと胃も悪くしますし、体によくないですよ」
こういう感じになるんじゃないかと。

(4)のかかりつけ医制度、これもどうなるか全然分かりません。

------

医者ではありませんが、歯科医の世界では、
  「5%が所得0で、5人に一人は月25万円のワーキングプア」

というニュースがありました。

 (J-CASTニュース 2007/07)
     http://www.j-cast.com/2007/07/22009512.html

 (TBS 噂の東京マガジン 2007.12放送)
     http://www.tbs.co.jp/uwasa/20071209/genba.html

 
 
 
なんかね、医者の方は「どうやったら儲かるのか」っていうところで止まっているような気がするのです。儲かるというより、収入が維持できるかって言う方が正しいでしょう。

今や医者は受難の時代(なのに、医者を目指す人が多くてとても不思議なのですけど)。
勤務医はその責任の大きさから言うととても割に合わないし、福祉の心でサービス残業。病院経営者の方も、リースの支払、看護師確保で予想以上の出費・・・、老健施設は収入難で満足いくケアができないし、療養病棟は減らさなきゃいけない。

医療法人は出資法人制度に代わって財産を殖やすことが出来なくなりましたし、いくら院長で配下に大勢のスタッフを抱えていても、辞める時は、ただの人になってしまう、という制度に変わりました。


地域医療をどう考えるのか、世界に誇れる日本の医療システムをどう変えて今後どのように担っていくのか、厚生労働省で審議(東京都中心で行われる)して決定される今の政策制度の方法は当面代わりそうにないですから、都市部と地方では状況が全然異なる医療状況、ここは是非とも地方医師会が頑張って欲しいものです。


※ただし、があります。
 医療制度だけでなく、社会保障全体、つまり年金制度も含めないと話がおかしくなります。医師会の良く言う医療費のGDP比ではまだまだ世界主要国では低いからもっと医療費を回せ!なんていう論理とか。
 年金も含めた社会保障費ではそろそろ国家予算規模の支出ですから、医療費だけに偏ると、医療費貧乏の国になってしまいます。高齢化社会で「安心して暮らせるための配分」これを議論する時では、と思います。

|

« 違法建築を見てしまいました | トップページ | アメリカと日本の金利、物価上昇に耐えられる? »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/40705130

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度;高齢者と医者はどうなる?:

« 違法建築を見てしまいました | トップページ | アメリカと日本の金利、物価上昇に耐えられる? »