« あなたの会社、退職金倒産の危険はありませんか? | トップページ | さくら »

2008/04/09

社保庁「年金改ざん」が国会で…


昨年6月に、社保庁主導の偽装脱退について、

  「これでうやむやに消えていくのか」

なんて書いたのですが、国会で取りあげられました。
本当なら国の制度を揺るがす結構大きなニュースだと思うのですが、おそらく、上の題字を見てほとんどの方は、
  「社保庁またか」
なんて慣れっこになっていることと思います。

これは、年金記録がうんぬんという話じゃなく、未納率向上のための
書類偽造。次元が違う!組織犯罪、なんて思っています。

組織的かどうか分かりませんけどね、うやむやに消えないでしっかり解明されることを望みます。

----

 毎日新聞ニュース
 <年金改ざん>160件で疑い社保庁が実態調査へ
 http://mainichi.jp/photo/news/20080408k0000m040044000c.html
  「(保険料圧縮のため)麹町社保事務所職員が95年、さかのぼって
   引き下げる書類を作成した」という新聞記事に対する国会答弁。
   厚労相も「総務省と協力し、解明する」。法相も事実なら、「権限が
  あれば虚偽公文書作成罪。なければ公文書偽造罪が成立する」との見解。

----

あとね、年金記録が復活して支払われることになったけども金額がはっきりするのは1年後、なんて変じゃないですか?

 月20万の年金が21万になる人は、少々遅れても大丈夫として
 月4万の年金が5万になる人がいたら、
 
こちらの方は、即日実施できないのですかね?
同じ1万でも、価値が全然違うし、後者は日々の生活に困ってるんだし…
年金足りなくて働かざるを得ないで今働いている人とかには、無利息貸付とかできないんだろうか。

現場の思いが、上に届いて無くて、国会で追及されてやっと。。。。ってね。
組織の風通しは?????

|

« あなたの会社、退職金倒産の危険はありませんか? | トップページ | さくら »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/40807741

この記事へのトラックバック一覧です: 社保庁「年金改ざん」が国会で…:

« あなたの会社、退職金倒産の危険はありませんか? | トップページ | さくら »