« 資産を守るために必要なこと | トップページ | 派遣でも家が欲しい;住宅ローンの審査 »

2008/04/21

部長・課長・係長の給料(全国統計)

常用労働者が100人以上の企業の男性のデータです。

   部長級  65.6万/月 平均52.0歳
   課長級  52.9万/月 平均47.2歳
   係長級  39.2万/月 平均43.0歳
 
 
ちなみに(20〜24歳の)
   非役職者 20.6万/月 

出典:厚生労働省 平成19年賃金構造基本統計調査(全国)
   (平成20年3月18日発表)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z07/index.html

---------------------------

あと、社員構成もお聞きしています。部長が100人に一人なのか10人に一人なのか。全社ではともかくも部署全員すべて管理職、なんて言われる方も結構いらっしゃいますし。

最近FP泣かせなのは、45〜55歳くらいで転籍とか出向とかで給料が分からなくなる時、ライフプランが作りにくいですね。それでもって、子供の進路がはっきりしていない時はかなり作りづらい。(ま、良いパターンと悪いパターンの2つ作りますが・・・)


60歳定年、再雇用の場合はだいたい5割〜6割の給料になる人が多いようです。

|

« 資産を守るために必要なこと | トップページ | 派遣でも家が欲しい;住宅ローンの審査 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/40883174

この記事へのトラックバック一覧です: 部長・課長・係長の給料(全国統計):

« 資産を守るために必要なこと | トップページ | 派遣でも家が欲しい;住宅ローンの審査 »