« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月に作成された記事

2008/01/30

退職時にサービス残業を暴露する? 

退職で失業、大きなライフイベントです。
で、次の仕事をするまでのつなぎの間の保険、これが雇用保険の基本手当(失業給付)であります。
雇用保険のある会社に勤めていれば、その年数によって支給日数が変わってきます。

で、若い人の退職で大事なのは、自己都合か・会社都合か。
給付上限額(限度日数)が違うんですね。

(訂正 2008.1.31)下表の下線の給付日数が入れ替わっていました。

 Shitugyou

で、最近、サービス残業の問題があるでしょ。

こんな裏技があったりします。
  「会社都合にしないと、サービス残業を暴露する!」

  書類上は、離職票という労基局の標準フォーマットがあって、会社都合か自己都合か丸つけるところが違うだけなんです。(会社都合の場合はあとで会社の方に労基局から問い合わせがあるようですが)


金銭的にはね、こんな風に考えます。
  サービス残業を請求できるのは2年間分。
  証拠を取っておいて、弁護士たてて訴訟。
  損害60万円以下なら少額訴訟制度を使えば、弁護士立てずに自分でもやれる。
  ただ弁護士を雇うとなればこの報酬も半端じゃないですからあまりお得じゃない。

  でももし手間暇掛けて訴訟するのなら、こういうのはマスコミに言った方が有利になるから、経緯とかの資料を添えて新聞記者にばらまく。ってね、普通、市役所とかに行くと、記者クラブっていう詰所があって、ここに各マスコミ用のポストが並んでいるですよね、ここに資料をポンポン入れていけば良いだけ。いつ訴訟するとか記者会見するとかね。
 中には来てくれたり記事に取りあげるマスコミがあるかもしれません。
 

  んで、訴訟されるのが嫌だったらということで、会社都合にしてもらう。
    (※こちらから条件を出して録音されていると恐喝の証拠になりますのでダメですよ♪) 

 もし、勤続9年の46歳の人で、基本手当7000円が会社都合になることで150日分余計に貰えることになったら、 105万円の増額! なんて計算になります。
 

(ついでに言っておきますと、不当解雇とかなら、とりあえず裁判所にて「地位確認の仮処分の申し立て」。でこのあとおもむろに裁判していくのが普通です。。。。。。裁判関係はあまり詳しくありませんm(_ _)m )

−−−−−

 こんなお金の話って泥臭いですよねぇ。
 ヤダヤダ。

 でも、ホントに不当で退職を決めて、で自分の生活を守る必要があるんだったら、
   何が何でも「お金」。どの方策が一番生活を守れるか、なんて考えますよ。
   
 この手の話は、自分のプライドってのも関係しますし、次の就職なんてのにも影響しますから、一時のお金が得られても、肝心のその後の生活がうまくいかなければ何にもなりません。
 
 今週はマクドナルドの店長が管理職かそうでないかの裁判がありました。他にも最近のニュースでは、紳士服コナカ、家電量販のミドリ電化(ともに、入社半年〜1年で管理職)がサービス残業分を支払ってます。
 過労死!なんてニュースも毎年なくならないし、その遺族の記事を読んだり、その昔、ブリジストンで出向させられていた社員58歳が社長室で腹切り自殺しましたけど、そんな風になる前にその仕事を人生からオミット(Omit : 故意に省く)して、自分らしい人生を歩むってのもありなんじゃないかと思う次第。
 
「ワークライフバランス」かけ声だけに終わらないことを祈ります。


外国を旅行すると、そんなに物質的には豊かじゃないのに、なんかみんな気さくでゆとりがあるなと感じることがありませんか? 道尋ねても親切に教えてくれたり、物乞いを追い払ってくれる親切な人がいたり。スーパーの店員が「観光客か? ○○は絶対良いから是非行きなさい」なんて言ってくれたりとか。
  セーヌ川やライン川の川べりにあるcafe。妙に中途半端な時間なのに、やたらと大量の食事をテーブルに並べてのんびりした時間を過ごしているグループがあったりとか。
 あくせくしていなくて時間を楽しんでいる。

 いつもこのブログではお金の話ばかりしていますが、そういうものでは計れない豊かさ。精神的な満足感、これを追求するのも大事な事なのかなと思います。自分が楽しめるくらいのお金があればそれでいい、問題は、自分の楽しめるお金がどれくらいかはっきりしないことで、つい、目に見えるものでお隣と比較してしまうから、人より豊かだと思ったり、豊かじゃないと思ったりして誤解する。

 「大切なものは目に見えないんだよ」・・・星の王子様;サン・デグジュペリ

お金と豊かさのアンケート結果(国民生活に関する世論調査)についてはまた機会があれば書きたいと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/28

親の扶養で健保は?(その2)


  「住民票だけ移して形式だけ同居にしても良いんですか?」

先週、「健康保険と親の扶養」の話を書いたところ( こちら
http://tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2008/01/post_83bf.html

こんな質問を受けました。
これは正直、止めた方が良い。 なぜかというと、保険証が手元になくなるんです。

離れたところに住んでいるのに形だけ同居なんてなると、いざ病院なんてときに保険証がない、なんてことになる。もちろん、遠隔地被保険者証を受けられるのならそれは正規の同一生計世帯ですので大丈夫ですが、単に形式だけの同居にすると、実際は別居ですから保険証が手元にないということになります。

それから、介護保険を受けることになると、その住所で訪問介護や訪問看護を受けることになりますし、申請段階から以後、半年ごとや3ヶ月毎の家庭訪問(現実は印鑑貰いに来るだけなんですけど)なんていうことになりますので、実体のない同一生計は止めてくださいね。

隣家とかマンションの下の階とかほんとに近くに住んでいて、いつも行動を共にしている(同一生計状態)なら構わないと思うのですが、形だけの住民票移動というのは止めた方が良いです。

肝心の本人がめちゃめちゃ困ることになりますよ。

ちなみに税金の方は こちら
http://tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2008/01/post_e9db.html
税金の方は仕送りがあれば別居でも扶養に出来る場合があります。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老親の介護プランを考える

親が障害者になってほぼ10年。相変わらず、一人暮らしの親の住む実家を行ったり来たりしているのでありますが、段々と実家に帰る時間が増えて、このところ、奈良と京都の生活が半々になりつつあります。

幸い、私の親は痴呆の気配はないので助かっていますが、回りにもちらほら大なり小なり痴呆状態の親をお持ちのご家庭が結構身近にいらっしゃいますし、私とていつそのような状態になるか綱渡りであったりもします。

---------------------------

「それじゃこれから、見本を見せますので私と同じことをしてください。」
 老人施設で、先生を見本に多くの入居者が前を見て座っている光景。

様々なケースの介護の場合のライフプラン、これにはいろいろ考えさせられる部分があります。
いろいろなケースを紹介します。

ただね、どれが人間らしい生活なのか、人間の尊厳ってなんなのかという点を考えると、どれも今ひとつじゃないか、と思ってしまうのです。ディサービスを体験された方はご存じでしょうが、いわゆるお遊戯系のことで時間をつぶす。お手玉したり、絵を描いたり。。。。。はたまた入浴時間を勝手に決めてそれにあわせて風呂に入れて貰う。
 本人の意志はどこにあるのか? と思うわけです。
 介護する側の論理ばかり、と、言ってしまうと言い過ぎでしょうか?
 
 学生時代に障害者ボランティアサークルに入っていて感じたことを、20数年経った今、また同じことを感じている。大人数の入所者をわずかなスタッフが支えている現状は変わっていないし、しかも、金を用意したからと言って老後後期の自分らしいライフプランが約束されている訳でもない。むしろ、お金を用意出来た人ほど、なんか寂しさを感じてしまうのですね。高額施設に入っている人ほど、面会する人少ないんですよ。。。。
 

●ケース1;高額療養施設・ケア付きマンションへの入居

  一時金2000万とかで入所するケース。
  50坪(150平米)の自宅を売却して、ワンルーム(30平米)程度+24時間介護。
  すなわち、居住面積から言えば、120平米を24時間介護サービスに置き換えるとう選択。これにくわえて、月々20〜40万の費用。もちろん私設運営ですからもっと高額な場合もあります。

●ケース2;老健施設や療養病棟

  これもある程度の資金のある方は一応居場所が確保できます。
  軽度であれば月々20万弱、介護4や5になると場合により、月々40〜50万の費用が必要だったりとか、24時間見ている人をつけるか、転院してくださいと言われたりとか。

●ケース3;在宅介護

  費用負担分を家族が面倒を見るというケース。私の場合はこれですね。
  もっとも、ヘルパーに来て貰っている方も大勢いらっしゃいます。
  介護によりますが、家族で面倒見切れないくらいの状態になると、介護保険で賄われるヘルパーでは全然足りなくなります。別途、ヘルパーやお手伝いさんを頼んでいるという方も結構いらっしゃる。自宅のリフォームをされる方も多く見受けます。(数十万〜数百万のリフォーム;福祉住環境コーディネーターの姉談)
  ディケアサービス(日帰りや短期の入所サービス)で家族の余力も残しつつ介護される方が多いようですし、この「介護する側の余力」という視点はかなり重要なポイントだと思います。

●ケース4;特養に入所
  ケース4(a)
;特養に入所(世帯の収入あり)
   公的(市町村など)の特別養護老人ホーム。これが最も経費的には安い。でも通常半年待ちとか1年・2年待ち。経費的に安いと言っても、やはり、おしめ代とかがかさんで20万円ではまかなえないことも多いようです。先日お会いした方はご両親ともに特養入所で月50万円弱なんておしゃってました。

  ケース4(b)
;特養に入所(単身自宅資産のみあり)
   この方は、単身のご老人。自宅を売却して、そのお金を担保に入所した形になりました。もう少し詳しく言うと、自治体長の権限で成年後見人を立て、資産売却権限を自治体に移した上での入所。

  ケース4(c)
;特養に入所(資産無し、年金有り)
   この方は、財産管理(年金の通帳をあずかる)を施設が管理することを条件に入所。もっとも、年金通帳を勝手にあずかることは許されていないので、本人持参の通帳を貴重品として預かるという形にして、かつ、日常諸経費の出費は事後報告、それ以外の臨時の出費については、遠い親族(保証人?)に事前確認を取ってから支出という対応をされていました。
   公的施設の低所得入所者のため、通常よりも低料金。

最近はグループホームという形態も出てきています。私自身は見聞きしたことはないので、詳しくは知りません。今度、知人でグループホームに詳しい方のお話しを聞きたいと思っています。(東京の知人なのでいつ会えるかわかりませんが・・)

---------------------------

世界トップの高齢化社会出現の日本で、これから後期高齢者はどんどん増えてくる。そしてこれは世界中で誰も経験したことがない。これから経験していく人がどんどん増える。

どれが自分にとって心地よい暮らしになるか?

後期高齢者世帯の人間らしいライフプラン、これは、たぶん私にとってかなり重要なテーマになるような気がしています。たぶん、一生のテーマになるんじゃないか、そんな予感を感じています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/25

春闘:給料あげて〜

いよいよ春闘が始まった感じです。私自営業なので関係ないのですが。

5000万人の労働者のうち、労働組合に入っている人は1000万人くらいで、組織率は2割弱。
ほとんどは組合員じゃないということになるのですが、それでも、みんなの給料を上げるために、是非とも連合をはじめ労働組合の皆さんには頑張って欲しいなぁと思っています。


経済は悪いより良い方がいいでしょ、やっぱり。


2006gdp


GDPの主要要素は、
  (1)民間消費
  (2)企業設備投資
  (3)政府公共事業

景気対策で、「(3)公共事業」を増やすとか、去年は「(2)設備投資」が活発で景気が良かった、なんて言われてますね。でもこのところ、「(1)民間消費」が伸びていません。
でも構成比からいって一番効果があるのが民間消費。

給料の底上げ、派遣・非正規雇用の賃金底上げ。
これをしなきゃ、日本の経済は絶対良くなりませんって。

(ただ、中小企業は厳しそうです。
  「長年頑張ってきたけど・・・」
  賃上げどころか原材料の高騰で悲鳴を上げて、、、廃業倒産寸前なんてごろごろ。
  私の所にもあまり景気のいい話は入ってきていませんね。
  大企業と中小とで、企業が支払う社会保険の負担率(労使折半というやつね)が同じで良いのかなんて常々思っていたりします。人件費の重みが違うでしょ、中小では。)

ここ数年の増税(健保3割負担に定率減税廃止ほか)がボディーブローで効いてきているのが民間消費。そんでもって、さらに消費税増税なんて声を上げると、もう消費マインド落ち込みます。
実体経済を持ち上げようと思うと、絶対給料上げないと。

ここは痛みをこらえて労働分配率を上げて貰いたいところ。それが結局日本のためになる。一企業だけではどうしようもないから経済団体なんかとそれと連合始め各大手組合、しっかりやってくださいね。

民間消費が伸びれば、新たなサービスも出現して、結局企業も利潤を上げられ、それが税収となって国の赤字も減らせる。そういう道筋ができないのかなと思ってます。民間まかせきりばかりじゃなく、ある程度国家主導でね。

平均的サラリーマンを考えて、

  物価上昇1%として年5万、
  過去の減収分の半分7万、
  生活向上分4万        合計年16万。  月給で言うと1万円強。

賃金構造維持分4000円として6000円のベースアップを2年間してくれないでしょうかね。
そして、時給労働者は1割upを2年間。

こうすりゃ日本経済は上向くよ、絶対。


【雑学データ】
  GDPは約500兆円。
  世界2位で、一人あたりでは世界18位(OECD中)
  内閣府の国民経済計算SNA というところが4半期毎に公表しています

※グラフは2006年のGDPから。(ちょっと古くて済みません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/23

(ごめんなさい)通帳を拝見

銀行のATMコーナー

 「うぉー混んでるなぁ」 「列が折り返しているじゃん」

なんて時、前の人とかが通帳を開いていると、ついいけないことかなと思いながら、見てしまいます。
私に覗き込まれた方 ごめんなさいm(_ _)m

----

コンビニに寄ったついでかな、という普通の量販ものの身なりのおばちゃんの残高が1000万近くあったりとか、

これからお出かけ? という綺麗なおばちゃんの残高がマイナスだったりとか、、、、、

先日見てしまったのは、小さなお子さんがいそうな若い若いママらしき人。どちらかというと憂鬱そうな顔でATMの順番を待っていらっしゃる。ほぼ通帳1ページびっしりの残高はすべてマイナス40万・マイナス50万。
 Tuuchou


 「もう2ヶ月は続いているよ〜これ」

思わず、『相談に乗りましょうか?』 なんて声を掛けたくなりました、いや流石に掛けられません。
変な怪しいおじさんになってしまいます。

 

 「もうすぐ満期金でも入るのかなぁ。」
 「思ったようにボーナスがなかったのかなぁ。」
 「残高マイナスってことは、総合口座で
    定期預金か何かがあるってことだしなぁ。」

 私もボーナス前の1〜2週間がマイナスなんていうこともよくありました。日割計算の利息なので大きな負担にはならないし定期預金を解約するよりはまし。
 残高があると使ってしまうのでいつもマイナス。「マイナスだったら引き出す時にちょっと考えるから」なんて計画的?にマイナスにしているという人も過去2人いました。
 
家計が豊かかどうかを判断するには、バランスシートが一番です。
企業会計と同じですね。

 ・持っている資産 から
  (貯金、貯蓄性保険、不動産の時価、自動車の時価)    
 ・持っている負債・借金 を引いたもの

これが純資産。

大きな買い物(普通は住宅ローン)の前後でこれがどうなるかが一番わかりやすい。
ライフプラン作成でも、日常のキャッシュフローについで、重要なプラン設計のひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/22

あっさりと日経13000円割れ

  「なんだよ、これっ!」
  「12600円? なぬっ?何があったんだ。」

外出していると、なすすべもなく、
外出していなくともきっと同じであると思われ。。。


ここまで下げてくるとは思いませんでしたね。13300円で買い!なんて思っていましたがもう動けません。
もう底値でしょう、ってみんな思っているはず。なのに買いが入れられない。
みんな「底だ底だ」と思っているはず。でも疑心暗鬼。そんな相場展開ですね。
もうこうなると、テクニカルとか業績とか関係なしかも。

下げ相場がつづくなら、投資信託は最悪。
個別に良さそうな物をひとつひとつ一生懸命探すしかない・・・・・
本来なら内需関連に行きたいところだけど、内需がいまいちだしねぇ。
PBR下げている優良株が増えてきました。ROE,ROAも含めて検索すると不動産セクターが買いになるんだけど、ご存じ住宅系は落ち込んでいるし、前期はミニバブルの要素も入っていそうで、どうも買いを入れにくい。
オーソドックスにディフェンシブの電力・薬品でしょうかね。
しかし、そんな余剰資金がもう無いぞ。
賭に出るより落ち着くまで現金持ってた方がいいか。

アメリカFOMC-FRBの金利引き下げはもちろんのこと、日本でさえ利下げ期待!なんてニュースが流れ始めました。もしそうなれば金融政策の転換期です。転換ということは上向いていたのが下げになると言うこと。
ここは要注意ですね。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/21

リボ払いの罠;ご利用は計画的にね

先日、リボ払いの記事を書きました(こちら)が、最近よく宣伝コマーシャルが多いせいか、関心のある方が多いようなので、リボについての金利のことを書いてみます。

Revo

リボって所詮、借金なんです。それも高利の。
リボのご利用は計画的にね。

  明細書貰って、残高と返済額を較べて、
   「1割以上返済する」くらいでないと
  利息がかさんじゃいます。

クレジットカードは、1回・2回・ボーナス払いは無利息。これはOK。
それ以外の払い方(リボ・分割)は利息が付くので注意してください。

---------------------------

社会派takとしては、カード会社に言いたいことがあります。
最初来たのが、リボの案内。断らなければ「リボ払いも可能になるよ」っていう御案内で、使うつもりはないけどあえて断る手間も面倒だったからそのまま。ま、これは良いとして、、、、
  リボの限度額100万で、月々支払5000円。私のデフォルトの数字なんですけどね。

月々5000円なら、40万以上の残高になったら、元本減らない・借金増えるだけ

になっちゃいます。そんでもって気が付いたら利息が膨らんで限度額に達して、・・・・

限度額に達するとどうなるかご存じですか?

 限度額は越えられませんから、「せめて利息分払ってください」

100万円の月々利息(年利15%)は、12,500円。これを永遠に払う。
払えなくなったら、利用停止で一括返済。
でもここで返済できる人はまずいないので、あとは延滞損害金の利息29.2%とかに変身するわけですね。

今後自己破産するひと増えそうです(_._)  ・・・・

せめて、月々の返済額上げない限り、リボの限度額を上げないという良心的な規約にならないものなんでしょうかね。勝手に限度額上げといて・・・はぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/18

親を扶養にすると、健保はどうなる?

昨日「所得税」について書きました。今回は健康保険です。

子供が会社員で、親を扶養にくわえても健康保険料は変わりません。
貰う給料で保険料が決まるからです。

国民健康保険は少し違いますね。どこの自治体でも、「世帯割・人数割り・収入割」なんていう計算になっています。少なくとも人数割分は増えます。

さて、親を扶養にする条件、これは結構厳しいです。所得税よりも厳しい。
最終的な判断は各健康保険組合や自治体なのですが、原則的には以下のようになっています。

  ●親の収入が年金のみとして、
   180万以上はだめ
    (かつ会社員の方の年収の1/2未満)
 
  ●そして、同一世帯が原則です。

遺族年金も普通の年金もみんな含めます。これが180万以上ならダメ。
同居以外で認められるのは非常に限定的。それこそ生活保護レベルでかつ同居できない明らかな理由があるとかそんな場合のみだけ。ただ、国保は自治体に運用が任されていますので多少の差はあると思います。

-----

すでに同居で親を扶養にしている人にとっては、家計的に悪いニュースもあります。
75歳以上の方は、新たな保険制度に移行することになっています。もうすぐ後期高齢者医療制度がはじまります。そして、新たな保険料負担が出来る。

  厚労省の試算では、
     年金 79万の人  月 900円 の負担
     年金390万の人 月 3100円 の負担

現在、この制度は導入が凍結されています。まあ選挙がらみと言っていいでしょう。
そして、保健制度は広域保健制度としていくつかの自治体をまとめて運営することになっています。保険料負担は地域によって変わる。そんでもって、年金から天引きです、介護保険と同じ。
 
  「規則でこうなったから徴収します」

ってねぇ。もう少し個人の家計に愛を差し伸べられないんでしょうか。
年金生活者の「収入は決まっている」っていう精神的圧迫感が感じられませんよ、今の行政には。
せめてもうちょっと優しい説明くらいできませんか。「こうこうこうで、こうなりました、ごめんなさい、」。こういう気持ちが伝わらないっつうか、全くないように思ってしまうんですが。。。。。
 

追加記事は こちら です。
親の扶養で健保は?(その2) http://tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2008/01/post_b983.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/16

親を扶養にすると、所得税はどう減る?


  「年老いて動けない母親を扶養にするといくら所得税は減るのかなぁ」
  「あなたの場合だと
25万円くらい所得税が減りますね」

という話。

毎月私がやっている家計向上講座セミナーでも「扶養の条件」は関心高いようです。

私のサラリーマン時代の場合は、まさしく、これでした。
所得税がどれだけ減るかを考えようとすると、今払っている税金の税率を知らなきゃいけません。今の年収と扶養なんかの控除で変わってきます。

Oyafuyou

親を扶養に出来るかどうか。
まず、親の扶養の条件として、親自身の収入が
 
  120万以下(65歳以上) 、または、
   70万以下(65歳未満)
 
という条件があります。(収入が年金のみの時)
第2に、遺族年金は収入にカウントしないという決まりがあります。

すなわち、「少しだけ自分の年金(国民or厚生)を貰っている母親」というのが圧倒的に多いです。

---------

この条件に合う親を子供が扶養にするとどうなるか、
扶養控除の額は以下の通りです。

    70歳以上  48万円の控除
    70歳未満  38万円 〃

さらに、同居なら +10万円の控除
さらに、特別障害者なら +25万円の控除 
        &障害者控除 40万円(特別障害者控除の場合)

すなわち、

【例1】
 同居の70歳以上の親で、障害者手帳1級2級や寝たきり6ヶ月以上の場合
だと、上のうち該当するのを合計すると

  扶養控除額 123万円

   税率10%として  12万円強の所得税軽減
   税率20%ならば  25万円弱の  〃

の所得税が軽減されます。

---------

【例2】
 健康な親(同居70歳以上の場合)
、  上のうち該当するのは
  48万円+10万円 =58万円
  
    扶養控除額 58万円

   税率10%として   6万円弱の所得税軽減
   税率20%ならば  12万円弱 の  〃

   


同居ではない場合でも上の収入条件に合えば、扶養は認められます。ただし
  生計が一であるという条件がつきます。

生計が一の条件、別居の場合は、毎月の振込が判定基準のようです。(別居している子供の大学生に仕送りしているのと同じです)
あと、面倒見ているんだけど住民票を特養老人ホームに移している時とか。

次回は、親の扶養で健康保険はどうなる、をお伝えします。
健保基準って、税金上とは違う基準なんですね。
---------

うちの親は重度の障害者。
だんだん動けなくなってきました。「外食でも」なんて思うんですけどね。
2時間以上の外出(途中で横になったり出来ない外出)はちょっと無理そうなので近所のファミレス程度がいいところです。もう少し調子が良くなれば電車に乗って「ちょっといいところで食事!」なんて出来そうなんですがねぇ。もう無理なのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

こんなときに上がる投信

日本株いまひとつですね。
前にも書きましたが(こちら)、こんな時に上がる投信の例です。

Bearj

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経14000円割れかよ(;_;)

14000円割れかよぉぉぉぉ〜
30分ほど前に、割りこんできました。

2005年12月水準。
この時と大きく違うのは、物価高。当時はCPI下落でデフレデフレと騒いでいた時期。
インフレターゲットを導入せよ、なんて言っている人もいましたね。
今インフレになったらどうなるか?

でも、ちょっとだけ押し目買い入ってきている感じですね。
さて、今後どうなる?

追記
  先物トレーダーさんはここ4ヶ月〜半年の下値目標13200円とか言ってますが。。。
  そこまで下がるかなぁ。13350円を買いのタイミングにしたいと思う今日この頃。

関連記事;
  株メタメタ(;_;) 2007/1/8(こちら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/14

住宅ローン 284万円の差

固定金利ローンのフラット35。
ここ1年間の金利は2.9%~3.3%です。

さて、この差が実際にどれくらいの金額差になるか計算しましょう。
3000万、35年の固定金利2.9%と3.3%の支払総額の差、

Loanrate

なんと 284万円 になります。

住宅をいつ買うか。今後金利がどうなるか、予想するのはなかなか難しく、それに、購入タイミングは人によって異なってきますので、得するか損するか、半分、運に左右されてしまうのですが、それでも決して少なくない額が支払総額に影響すると言うことは知っておいて良いと思います。

ローンを組んでしまった方も、ローン期間は長いですから、「下げ相場では借り換え。上げ相場では固定金利への変更」などなど、ローンを組んであとでも、世の中の金利動向には、ときたまは気にした方が良いと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/11

大阪知事選;がんばろう関西

大阪知事選始まりました。与野党対決です。
京都市民の私には選挙権がなくて残念です。

一部に盛り上がりに欠けるという話もあるようですが、誰が知事になるにしても、ぜひとも関西経済を立て直して頂きたいものです。

失業率のグラフです。

Shitugyou

全国的にずーっと悪いのが関西。全国平均よりかなり高い失業率が続いています。
不動産が活発に動いた東京や、愛知万博の盛り上がり以後好調だった名古屋圏に完全に遅れをとっています。
これでは 「日本第2の都市、大阪」 なんて思う人がいなくなるんじゃないかという感じがします。


もともと関西には関東にはない優れたものが一杯あって、特に文化面とか気質の面なんかは全然違うと思うのですが、これをなんとか活力にできないものでしょうかねぇ?

・落語漫才を商店街に派遣する事業に補助金を出すとかさぁ。
・歴史文化を子供達に教える事業で放課後遠足、週一回。子育て・保育の一部を担って、例え週1でもお母さん達を支援するようなこととかさぁ。


何はともあれ、大阪はやっぱり大阪。でっかい都市ですからその長となる方はしっかり頑張っていって欲しいと願っています。
意外と自由度持たせる施策で頑張っちゃうのが大阪人なんじゃないかなぁ、と勝手に思っているんですけど。

(ごめんなさい。今回はFPの話題というより、私の個人的意見になってしまいました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

借金の肩代わり(保証人)はするな!

友人の借金・身内の借金、これの肩代わり。
多くの場合、事態が悪化します。

連帯保証人もダメ。
ただ、連帯保証人と単なる保証人と身元保証人ときちんと区別できている人がどれだけいるか?
絶対ダメなのは連帯保証人。連帯ってのは一心同体ってことだからね。
  ※連帯保証人だと、「返済が滞っている」これだけで請求されます。
   保証人だと、「破産したから、代わりに払う」ってな具合。
     (ま、それでもみんな自己破産しちゃうときもありますが)

親にクレジットカードを渡して、知らないうちにブラックになってて住宅ローンを組めない子供。
子の借金を親が返して、全然反省することなく、グレードアップして再発する子。
事業を継いだ息子が放漫経営で徐々に借金まみれ、で、それに貢ぐ女とか。
会社辞めて起業。で、辞めた原因は自己破産で、女に借金を頼む状態。

いやー身近にこういうのがあるんですよね。まるでドラマのよう。


----

最近は親子ローンで子供が迷惑というのを良く聞きます。
(親子ローンは通常「連帯」です。親の審査が通らないときとか)

逆に、子のローンを親が面倒見るってのもときどき聞きます。


借金・保証人は、最悪の場合、命を亡くしてしまいます。
自分一人なら自己破産で済んだものが、他人と関わったために身動き取れない状態になる。借金・保証人は、最悪、友人関係・親子親戚関係もなくなってします。

借金自体は悪い事じゃない、でもそれを他人に振り向けるのは絶対ダメッ!

学生の時いませんでしたか?
 「お金貸して?」といいながらそれで「漫画買ったり、アイス喰ってたりしてた奴」

基本的なお金の使い方は、20代までに決まる!経験則です。

----

親子ローンは、現実問題としては切実です。
実家が古くて建て替えが必要。でも親の収入ではローン審査が通らない。
まだ先行きがはっきりしていない入社したての子供とかだったら、十分な生命保険が親に掛かっていない限り、慎重にした方がいいと思いますよ。
だって20年先、親も子も、どうなってるかわからないですから。

親と子の認識の違いなんてものがあったりします。
   親:いずれ子供が相続するんだから・・・
   子:転勤あるかも知れないし、将来もそこに住むとは限らないよ。

ってな具合です。
で、これに多額の借金がつきまとうわけですからね、、、、、結構厳しく切実。

親が転けて骨折して車いす生活になった、とか、子供が結婚した(そして別れた)、とか。
これくらいは今の時代十分ありえます。
大体、両親どちらかが普通に亡くなるだけで生活(収入と支出)が一変して破綻することが結構ある。
これで破綻するようならローン組まない方が良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/09

貯蓄は三角、保険は四角

よく養老保険なんかで使う言葉です。
貯蓄は少しずつ増えるものなので三角。保険は加入すればすぐに保障がまかなえるので四角。

例えば20年満期の養老保険、

  「死んでも満期になっても500万円」 

こういう貯蓄性の高い保険が養老保険。

とある保険会社の資料によると
   40歳男性 月払い ¥21,000-  20年間
   (払込総額 504万円)

 
図を見比べて貰うと分かりやすいと思いますが、加入者側から見て、

  保険買うか? それとも 貯蓄するか? 
 
    で考えると

実質の保険を買う部分というと赤で囲った逆三角形の部分になります。

こいつの保険料が20年間でたったの4万円。


Chochikuhoken

もちろん、金利と予定利率なんていう話があって、実際には貯金には利子が付くのですけど、それはこの際省いて考えるとこんな感じになります。

保険は奥が深く、とても面白いのです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/07

リボ払い:DCカードで、ちょい驚きっ

DCカードから、リボ払いの手数料率改定 というお手紙をいただいて細かく読んでいたら、2つほど知らないことがあって驚きました。たいした驚きじゃありません、ちょっとした驚きです。

●まず1つ目。
株式会社ディーシーカード(旧名ダイヤモンドクレジット株式会社)。
これ無くなっているんですね。
2007年4月から、三菱UFJニコスという会社に変わってました(^_^;)
いや知らなんだぁ\(◎o◎)/

●で、2つ目。
リボ利息の付き方なんです。
住友VISAのリボだと、1回目の引き落とし以降に利息が付く。どこでもこういう計算だと思っていたのです、FPの授業でもそれで計算してましたし。でもDCカードは違ってました。1回目の締切日以降に利息が付きます。


まず最初に言っておくと、非常に細かい話です。興味ない方は斜め読みでどうぞ。

【リボルビング払いの基礎知識】
  リボ金利13.2%(年利)は、月に直すと1.1%です。
  リボ支払月々1万円定額コースで10万円のお買い物をすると
  10万円の1.1%、すなわち 1100円の利息を払わなきゃいけない。
 
  で、リボ1万円支払コースなら、利息を引いた8900円の元本を減らした
 ということで、10万−8900=9万ちょいに、翌月1.1%の利息が付く。
 計算するとその次の利息は1002円です。
     最初の利息   2回目の利息   ・・・
      1100円     1002円   ・・・・

 上の計算だって数学嫌いな人にとっては相当やっかいですが、実際には、締切日と支払日で日割計算します。実際には、13.2%×(30日/365日)こんな計算なのです。
で、計算式をいっぱい書いてもお腹いっぱいになるので、簡単に図にします。

Revo

 
リボを使う人ってずっと使いそうなので、ホントの最初の最初、だけの差なのかもしれません。でも、こんな違いがあるんだなぁとちょっと驚いたのでした。


なおDCカードの手数料率改定は2/16以降だそうです。
VISAはすでに15.0%になってます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/04

お金;小さい入れ物には入らない

10億円の相続って想像できます?

昔、私がFPの試験を受けた時の相続税の試験問題。10億くらいの資産を残して亡くなったときの計算問題がだったのですが、正直、実感が沸きませんでした。もちろん今でも実感はありません。

でも不思議なもので、だんだんと数千万くらいのお金は実感できてくるようになってきました。
たとえば、

 ●3000万の住宅ローン
   利息込みで4500万、固定資産税で1000万、リフォームで500万
 ●子供が生まれたよ〜
   教育費で2000万くらい。
 ●こんな保険に入ってます
   総払込額1500万くらいか。
 
人生キャッシュフローを何度も見たり作ったりすると、即座に答えが見えてくるようになります。ただ実感できるのと実際手にしているかどうかというのはまた別問題ではあるのですが。。。。

 小さな入れ物には入らない = 小蓄

という言葉があります。

===

 人生という財布を考えるときには、まずは器づくりから始めないといけないのでは、そんな気がします。

 小さな器には小さなものしか入りませんよ、たぶん。
   退職金を運用、貯金を運用。借金で言うと住宅ローンがやはり大きい。

  いわゆる(人生の)「器が大きい」なと思う人は結構いらっしゃいます。でもお金の器が大きい人が少ないような気がします。単に気前がいいとかそういうことじゃなく、「生きたお金を使える人」これが少ない。かく言う私も全然うまいとは言えません。日々精進です。

※小畜:占いの卦のひとつ。
    占い師がもつスパゲティの束みたいな棒=立筮(ぜいちくのことね)
    の卦のひとつ。高島易断の暦で知りました。
    うちの親、易者です。(ぜいちくじゃなくて四柱推命)
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/02

年始のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

本年も、皆様のお役に立てるようなブログを作ってまいりたいと思っております。
昨年は、凶悪な事件とか「自分のことしか考えない」なんていう事件がいっぱいありました。
せめて皆さんの周囲だけでも明るい話題に包まれればと願っております。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Nenga2008_2

年賀の写真は「米俵」
その昔、庶民の税金は、年貢という形で米で納めていました。
明治政府が、米じゃなく、土地(たんぼ)の面積に応じてお金で納めることにしよう、そんな風に決まりました。
固定資産税のはしりですね。税金にお金を使うようになったのは、比較的最近の話です。

今年のキーワードは、きっと「税金」。
ここ数年で庶民の負担が増えてますから、関心をお持ちの方も多いはず。
なかでも、消費税と社会保障費がメインテーマかな?  そんな気がしています。
(民主党も消費税で年金制度を抜本改革すると言っていますし・・・2大政党、政策衝突で総選挙?)

「世界の温暖化」や「かつてない原油の高騰」や「世界一のどの国も過去に経験したことのない少子高齢化時代」、これに日本がどう対応していくのか。そんな中できっと『税金』が大きなキーワードになると予想しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »