« リボ払いの罠;ご利用は計画的にね | トップページ | (ごめんなさい)通帳を拝見 »

2008/01/22

あっさりと日経13000円割れ

  「なんだよ、これっ!」
  「12600円? なぬっ?何があったんだ。」

外出していると、なすすべもなく、
外出していなくともきっと同じであると思われ。。。


ここまで下げてくるとは思いませんでしたね。13300円で買い!なんて思っていましたがもう動けません。
もう底値でしょう、ってみんな思っているはず。なのに買いが入れられない。
みんな「底だ底だ」と思っているはず。でも疑心暗鬼。そんな相場展開ですね。
もうこうなると、テクニカルとか業績とか関係なしかも。

下げ相場がつづくなら、投資信託は最悪。
個別に良さそうな物をひとつひとつ一生懸命探すしかない・・・・・
本来なら内需関連に行きたいところだけど、内需がいまいちだしねぇ。
PBR下げている優良株が増えてきました。ROE,ROAも含めて検索すると不動産セクターが買いになるんだけど、ご存じ住宅系は落ち込んでいるし、前期はミニバブルの要素も入っていそうで、どうも買いを入れにくい。
オーソドックスにディフェンシブの電力・薬品でしょうかね。
しかし、そんな余剰資金がもう無いぞ。
賭に出るより落ち着くまで現金持ってた方がいいか。

アメリカFOMC-FRBの金利引き下げはもちろんのこと、日本でさえ利下げ期待!なんてニュースが流れ始めました。もしそうなれば金融政策の転換期です。転換ということは上向いていたのが下げになると言うこと。
ここは要注意ですね。
 

|

« リボ払いの罠;ご利用は計画的にね | トップページ | (ごめんなさい)通帳を拝見 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

takさんおひさしぶりです。今日会社でとてもつらい発表がありました。早期退職者優遇制度の導入。私の会社は財団法人です。いわば天下り先。当然OBも現職も何とか存続に向けて尽力しているのですがこんな時代、ニーズとのバランスにかけ離れたことをやったって誰も納得しません。幸い(?)私は今年で40歳。あと10年が人生の分かれ道。なんとか50歳の自分が人様からオファーの来る人間になっている様頑張っていこうと思います。
枕が長くなりましたが、こんな状況なのでなんとか個人資産を増やしたいと考えていましたらtakさんのこのコメント。日経平均はまだまだ下がりそう。そこまで大局が分かっているならお金を増やす方法だってあるのでは、と調べたらこんな商品が。

http://kabu.himawari-group.co.jp/ad/225.html

当然自己責任で運用する必要があると思いますが、そんなに簡単なことなんですか??シロートの私の考えはあまいんだと思いますが、ソコはシロート、何が甘いのか分からないんです。ぜひtakさん目線のアドバイスをお願いいたします。

投稿: reinaayane | 2008/01/25 23:56

reinaayane さん、あけましておめでとうございます(遅っ)。本年もよろしくお願いいたします。

>早期退職者優遇制度の導入
なんだか大変そうですね。

単純に「利権→天下り」の構図は許せないのですが、一方、住民サービスという観点からは「公務員数削減」だけが取り上げられて良いのかと思う面もあります。
というのは、「公」を離れた方がやりやすい仕事や、逆に「公」の身分にした方がやりやすいのではと思う仕事もありますから。各自治体にある社会福祉協議会なんて「公」にした方が良いと思いますし、消費者保護や政策決定なんかでは独立にしておいた方が動きやすいだろうなぁとか。

 1000人あたりの公務員数比較
  アメリカ 96人、フランス 78人、ドイツ 70人
  日 本  42人
(野村総合経済研究所H17.1の報告書
  内閣府経済社会総合研究所H18.8が引用)


>50歳の自分が人様からオファーの来る人間になっている様頑張っていこうと思います。
この考えはすばらしいですね。
 転職しやすくなった=労働市場の流動化
これは、労働力が終身雇用しなくても簡単に市場から手に入る時代になったともいえます。じゃそこで問われるのは個人そのものの資産価値。ある意味早期退職制度はチャンスになるかも。ま、こんな考え方も出来ますね。

------------------------------------

さて、日経225miniですが、ご紹介のHPを元に書き直しますね
HPの例では、
  日経平均が約16000円で「売り・買い」日経平均が
  200円動いたとすると、約2万円 「益・損」 が出ます。

しかし、このところ日経平均一気に1000円以上動いていますね。これで計算しなおすと、

  16000円で「売り・買い」して1000円動くと
  約10万の「益・損」

★元手の5倍以上の損・益になります。
 ~~~~~~~~~~~すなわち、ハイリスクハイリターン商品。


日経225先物は1000単位(一枚と言う)の取引。このminiは100単位の取引。

miniなら(日経平均×100)130万の取引 これの証拠金が7万

証拠金というのは手付金みたいなもので、(実際には130万の取引をしているんだ、だから益も損も大きいんだ、という認識があって取引されるのならかまわないと思いますよ。20%でロスカットといっても130万の20%ですからね。
ハイリスク・ハイリターンですから、相場ものの取引経験がないのでしたら、お奨めしません。
確かに少ない元手で取引でき、下げ相場では売りでチャンスが作れる。ただ、元手以上の損もあり得る。こういう取引です。


私は現物取引しかしたことがないのですが、この現物取引では下げ相場ではすることがありません。下げの底で新たに買うということしかない。
「下げ相場」で有効なのは「売り」。これをしようとすると信用取引・先物取引。

実は、今回、年明けの段階で、「まだまだ下がる」なんて思って、信用取引・先物取引の口座を作っておくべきか、なんて考えました。(私の知る範囲ではイートレード証券のネット取引が手数料安いです。)

でも、相場って予想外の反応をすることがよくありますし(昨年だと3月の中国市場ショック、5月のサブプライム第一報・8月の第二報・・・)、自分にそれだけのリスクをとれるかというと、ちょっと自信がありません。やっぱり現物だけにしておこうと。
証拠金取引は、出した金以上の損害になることもある。現物なら、出した金以上の損害は出ない。
ま、ロスカットの設定も簡単にできるようになっていますし大きな利益を出されている方も事実のようです。


ちなみに、この手の取引では、先物以外に、外貨のFX、金先物相場、なんてのがあります。どれも大体20倍の取引です。かなり個人投資家の比率も高まっているのも事実です。(みなさんどこまで理解されて取引されているのかはわかりませんけど)

以上参考になりましたら幸いです。

投稿: tak | 2008/01/26 21:27

返信遅くなりましてすみません。日経miniのお勉強をしておりました。
結論。やっぱり買うのはやめにします。女房に話してもダメって言われましたし、なによりtakさんがやっていないほどリスキーなものですもの、シロートの私がどうこう出来るはずがありません。それにもし今回たまたまうまくいって儲けが出たとしましょう、自分の性格はよく分かってるつもりです、また儲けてやろうと深みにはまっちゃう自分が容易に想像付きます。

キチンと勉強して自己資金を投入するべき理由を言えるくらいにならないと始めちゃダメですね。

やめる、と決めた以上これから書くことで利益が出たとしても悔しくはありませんが、私が行おうとしていたことです。

・ともかく「売り」オンリーで10,000円になるまで買い続ける。しかし戻しが1,000円以上あったらそこを底値として終了する。

・その後はずっと静観しているが、8,000円まで下がる事があったら、13,000円になるまでひたすら「買い」オンリー。

ホントにこんなに日経平均が乱高下することはないでしょうし、だからこそ大切な自己資金を投入できないんですけどね。

投稿: reinaayane | 2008/01/29 18:19

reinaayaneさん、勉強されていたのですか。
投資前にリスクを理解するのはどんなものでも大事なポイントだと思います。

現物なら「下がっているししばらくおいておこう」なんて考えられますが
先物や信用は数ヶ月後の決済期限があるので、反対売買で消化しなきゃいけません。
(無期限信用なんてのも出てきてますが。)

それともう一つのポイント。
現物しかやらない私もよく陥っていて反省点でもあるのですが、

 『相場とにらめっこして、結局何もせず一日が終わる。俺は一日何をしていたんだろ』

時間の無駄、人生の無駄です。本の一冊でも読めば良かった、と。
期限付きの取引を私がすると、四六時中気になるのは確実です、これが恐い。


ちなみに私は積立で、投信と定期預金をしていて、相場が下がっている時は定期預金から引き出す。上がっている時は投信から引き出す。なんてことをしています。大儲けは出来ませんけど年率換算数%の利回りは難しくないですよ。これの良い点は定期的に価格を確認することで長期間の相場観を養えられるという点です。


物価が上がる、利子は低い。技術革新か何かが無い限り、これは今度の日本のトレンドだと思います。
「預貯金が目減りする時代」  是非、預貯金が大きくなる時までに(普通は退職金か相続か子供独立後の数年間)、いろいろ勉強なさってください。それまで投資のシミュレーションをすることも良いことだと思います。

※あさってFOMC会議の結果が出ます。ここでアメリカダウが↑↓ どっちに動くか注目してます。私の予想は↓、上に行っても一時的と見ているのですが。。。。
 

投稿: tak | 2008/01/29 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/17785959

この記事へのトラックバック一覧です: あっさりと日経13000円割れ:

« リボ払いの罠;ご利用は計画的にね | トップページ | (ごめんなさい)通帳を拝見 »