« 保険の時効:失踪で保険金が受け取れない時 | トップページ | パーソナル・リスク・マネジメント »

2007/10/05

経済成長すれば、消費税は無くせる

プラス1%の経済成長を10年続ければ、消費税が無くなるという話。

まず、現状の認識から、

  今、消費税 5% で、10兆円の税収。
 
  GDP  500兆円 
  法人税収 100兆円

もし1%成長が大きくなればGDPで5兆円、税収で1兆円 増える。
もし、政府の予定より1%高い成長が10年間続けば 10兆円の税源。

つまり、1%、高い成長を続けられれば、消費税がなくせるくらいの財源ができる。
今、0成長〜1%成長くらいですから、これを持続的2%〜3%成長にする力があるかどうか。

じゃあ高い成長するには!
それは、世界に勝てる産業を国力で育てられるような政策が必要。
生半可な政策じゃないですよ。国力の威信を賭けたような強力な政策。

で、今こういう政策をとると、「一部の企業を儲けさせるような政策、一部の人だけにしか影響がない政策」なんて批判されるわけですね。台湾・韓国が国策でやった半導体メモリとか液晶パネルとかね。
ちなみに、失われた十年で使われた追加的予算措置120兆円ほどだそうです。消費税10年分。それで、かろうじてー2〜+1%の経済を支えた。
公共事業とかは、その時は良いんですが持続的ではないんですよね〜。

   ●税金が足りない分、増税していきましょうという政策と、
   ●その分経済成長させましょう、という政策。
 
     あなたはどちらがいいでしょうか?

※竹中平蔵元大臣の講演(9/29FPフェア 大阪国際会議場)からの請け売りです。

福田内閣、どんな政策をとるか楽しみです。
都会は成長してきた、しかし、地方が、、、、地方が持続的に活性化する政策がとれるかどうか、、、、、エンジニア出身の私は、製造中小企業が空洞化したのは非常に痛手だと思っているのですが、世論的には、農業が瀕死状態みたいですね。
世界にうちかつ農業政策、これも必要かも。

今の情勢では大きな夢のライフプランが作れないんですよね。
給料は上がらない、預貯金は目減りする、税金は上がる、、、、、
75歳で破綻する人、結構多い。

自宅を売って、狭い介護保障つきワンルームにはいる。キャッシュフロー的にはとりあえずこれでOKというシミュレーション結果になって金銭的安心が得られても、これが本当に夢のあるライフプランになっているのかどうか、とても微妙だなぁと考える訳です。

|

« 保険の時効:失踪で保険金が受け取れない時 | トップページ | パーソナル・リスク・マネジメント »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/16623143

この記事へのトラックバック一覧です: 経済成長すれば、消費税は無くせる:

« 保険の時効:失踪で保険金が受け取れない時 | トップページ | パーソナル・リスク・マネジメント »