« 金利どうなる?:個人向け国債 | トップページ | 相続;特別受益と寄与分 »

2007/10/15

うまい話に要注意


円天詐欺。「減らないお金・36%の高利回り」

このブログの読者は、こういう話があればすぐさま警戒警報が鳴って手を出さない人ばかりだと思うのですが、どうしてこういうものに引っかかる人が多いんでしょう。円天は被害者5万人とか。

ただ微妙なものは世の中結構あります。
例えばこんなの。

今海外の高利回り債券で、10%を越えているものがありますね。アルゼンチン債・ブラジル債・トルコ債・コロンビア債。

  「私たちの商品は、高利回り国債で、まず年10%の利子を生み出します。
   国も分散してるのでリスクは限定的です。3年経てば3割増えている
   ことになりますね。この増えた分だけをハイリスクハイリターンの
   例えばオフショア投資に回すことで、5〜6年間で2倍のリターンを
   予定しています。増えた分だけの投資なので元本保全は万全です。」


私のブログでも書いたことがありますが、中国やインドなどのBRICs投資で3年で2倍なんていう成績のファンドは確かにあります。
うまくいけば確かに2倍は可能。もっとうまくいく可能性すらあります。

ただ投資たるもの、やはり、リスクとリターンがつきものです。

取りはぐれたら・破綻したらどうなるか。どれだけ保全されているのか。
こういう部分に目を向けることも重要です。

ただ誤解して欲しくないのは、ここで言う、うまい話とは、

  うまい話=リスク0・リターン一杯
  
ということであって、リスク0ならリターンは限定的。リスクを取れば、ある程度の
リターンは可能であるということ。

問題は、
   ●その商品のリスクとリターンの関係が適正であるかどうか。
   ●それに加えて、自分自身がそれのリスクをどれだけ取って良いかどうか。

この観点(センス)がないと、過度のリスクを取ってしまってとんでもないことになってしまう可能性があります。


ライフプランは、これを具体化する唯一の方法だと思います。将来設計がないのに投資なんてできない。
ただまあねぇ、どこまで綿密なライフプランを考えるかどうかは人それぞれ、じゃないかと。

|

« 金利どうなる?:個人向け国債 | トップページ | 相続;特別受益と寄与分 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/16766059

この記事へのトラックバック一覧です: うまい話に要注意:

« 金利どうなる?:個人向け国債 | トップページ | 相続;特別受益と寄与分 »