« 年齢別、給与の減り具合;民間給与実態調査から | トップページ | 保険の時効:失踪で保険金が受け取れない時 »

2007/10/01

日経平均とは逆に動く投資信託

数あるFP分野でも何が専門ですか? と聞かれたら、「ライフプラン」と「金融商品、とりわけ、投信」と答えてはいるのですが、2000種類以上ある投資信託、すべてを知っているわけではもちろんありません。

そんな中でも、あまり雑誌なんかでは見ない少し異色の投資信託を紹介します。
題名の通り、日経平均とは逆に動く投資信託(ファンド)です。

ベア型ファンド。
 「野村セレクト3 日本ベア」のグラフです。
先物取引を使った派生型商品(デリバティブ)の投信です。
1年前を100%としてグラフにしました。

Bear
 
 
通常この手のファンドは、ブル・ベア型と言って、「ブル型」=日経平均と同じ動き のファンドと組み合わされて販売されています。そして、「ブル」と「ベア」でスイッチング(乗り換え)が出来るというもの。

  ※bull=雄牛、bear=熊; 角を突き上げる牛と、爪を持った手を振り下げる熊

申込金1万円〜。販売手数料2.1%。信託報酬1.07%
  (モーニングスターのHPより)

今回は、野村のやつですが、他にも同じような物がいくつか出ていますよ。「大和のパワーセレクトシリーズ」とか。

---
 
この手のファンド、かなり昔からあります。で、どうしてこれまで記事にしなかったかというとですね、、、、

日経平均が下がった時じゃないと、あまり面白いグラフの形になってくれないから。(^_^;)
日経平均がずーっと上がっている時に、どんどん下がっていく投信を紹介してもインパクトないでしょ。
で、いままで、記事に出来なかったのでした。
 

|

« 年齢別、給与の減り具合;民間給与実態調査から | トップページ | 保険の時効:失踪で保険金が受け取れない時 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/16458325

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均とは逆に動く投資信託:

« 年齢別、給与の減り具合;民間給与実態調査から | トップページ | 保険の時効:失踪で保険金が受け取れない時 »