« 経済成長すれば、消費税は無くせる | トップページ | 物価どこまで上がる?:WTI原油 »

2007/10/08

パーソナル・リスク・マネジメント

個人の生活における様々なリスク。
それも自分の生活が脅かされる大きなリスクがどんなものがあるか。
今これについて考えています。それこそ本を書こうかと思うくらいに(嘘)。

○よく保険屋さんがこういうことを言うとですね、
  「生命保険・火災保険・自動車保険・入院保障・所得保障・・・」

○セキュリティ関係者がパーソナルリスクと言うと
  「暴漢からの警護・盗難や強盗からの警護」

なんてことになるのですが、これ以外にも、普通の生活で起こりえるリスクというと、

 「水漏れで隣家(階下の部屋)への損害」
 「子供がいたずらした。いたずらされた」
 「ニートになった」
 「犯罪者になった・疑惑を受けた」
 「詐欺にあった」
 「いじめを受けた(子供も大人も)」
 「親が倒れた」「兄弟が倒れた」
 「勤務先が倒産した」
 「取引銀行が倒産して預金がすぐに引き出せない」
 「もってる株が暴落した、円高・円安になった」
 「大家が立ち退きを言ってきた、立ち退きさせたい」
 「給料カットが起こった、労災を認めてもらえない」
 「子供が泣きわめいて手がつけられない」
 「旦那が会社に行ってくれない、家に帰ってこない」
 「奥さんが料理を作ってくれなくなった」
 「隣家の布団たたきの音がうるさい」
 「土地境界でもめている」
 「約束の履行が不安(相続・離婚後の養育費)」
 「保険金を支払ってもらえない」

などなど、いろいろあるわけですね。
まだ私の頭の中でまとまっていません。
これ、まとめなきゃ、私の仕事の提案型業務にできませんね。

保険商品で回避できるもの、保険より貯蓄にした方がいいもの。
公正証書・遺言書等の法律文書にした方がいいもの、いろいろありますね。

『貴方の土地、それは貴方のものですか? 証明できますか?』

 不動産関係者が使う言葉です。
 「契約書」:売買関係の書類
 「登記簿」:登記の有無の書類

でも、境界がどこまでなのか、隣の家が10cm向こうなのかこちらなのか。
隣地問題は、よくあるトラブルの例で、私も過去2件ありました。

------

自分にどんなリスクがあるのか、
 個人の時代と言われる中、「パーソナルリスクマネジメント」。
 今後のキーワードになりそう、そんな予感がします。

私の業務を「パーソナル・ライフプラン」の2本柱で考えたいな、と思う今日この頃。

まだ、FPの教科書でも散文的に取り扱われているので、総合的プランとしてのマネジメントを提案できないかと思っています。

|

« 経済成長すれば、消費税は無くせる | トップページ | 物価どこまで上がる?:WTI原油 »

FP-保険」カテゴリの記事

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/16679369

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナル・リスク・マネジメント:

» 離婚の問題 子供の養育費 [離婚の現実]
離婚の問題 子供の養育費 [続きを読む]

受信: 2007/10/08 21:33

« 経済成長すれば、消費税は無くせる | トップページ | 物価どこまで上がる?:WTI原油 »