« 企業年金ってなんだ? | トップページ | またも円高、2番底か? »

2007/09/07

年金;貰い忘れの人が結構多い

自分の払う年金保険料がどれだけなのか分からない人も多いですが、それがどこに行くのか知らない人はもっと多いようです。大体、制度がわからない。
厚生年金と厚生年金基金の違い、なんて知っている人がどれだけいるのか?

年金保険料の行き先は大きく3つ。
(1)国(社会保険庁)  
(2)共済年金組合 
(3)企業年金基金(厚生年金基金)

9月6日の朝日新聞のトップニュースは、

年金基金の3割強=124万人が未払い、総額1544億円。

保険料が上の(1)(2)(3) それぞれに行きますので、それぞれに請求しなきゃいけません。
ま、実際には最後の年金がどれだったかで変わったりもするのですが、3カ所分もれなく貰っているかどうか、大切です。

年金支給

うちの親父(もう亡なりましたけど)の例で言いましょう。

  (1)若い頃、ちょっとだけ会社員でした。
  (2)それからずーっと公務員でした。定年後、 
  (3)企業年金基金のある会社に嘱託で働いていました。

上のすべてに該当します。
亡くなったので、母親は遺族厚生年金を受け取っています。
やっぱりすべてに該当します。

姉の例で言いましょう。

  (1)子供が出来るまで、年金基金のある会社に勤めていました
   (2)その後専業主婦。平成4年くらいから第3号被保険者(扶養)

やっぱり年取ったら社会保険事務所に自分の年金を請求するとともに、若い頃の年金基金分は自分で請求しなきゃいけません。これを忘れている人、結構いると思います。

-----------------

厚生年金を貰っているからと、厚生年金基金を忘れていたりとか、、、、、
自分の払った保険料が、国と基金の両方に行ってるなんて知らない人多いでしょう。

特に短期間勤めていたなんて時、その分の厚生年金を貰っていても、年金基金分をもらっていない
 なんて非常に多いと思われます。

基金のある会社に勤めていたことがあるかどうか、あなたも調べ直した方がよくありませんか?

|

« 企業年金ってなんだ? | トップページ | またも円高、2番底か? »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/16359333

この記事へのトラックバック一覧です: 年金;貰い忘れの人が結構多い:

« 企業年金ってなんだ? | トップページ | またも円高、2番底か? »