« 前頭葉を働かせる! | トップページ | 年齢別、給与の減り具合;民間給与実態調査から »

2007/09/26

住民税 安い所・高い所

住民税は基本的には一緒です。

《追記》2009.12 愛知県判断し市議会が日本で(近年では)初じめての住民税10%減税案を可決しました。とりあえず2010年度1年限り。また名古屋市でも審議中です)


最近、自分の自治体だけ負担が大きくなったと感じた貴方、それは誤解です。
日本中で上がっているんです。
定率減税が廃止されたから。
実は後半に書いてある、給付の方(乳児への支援とか介護への支援とか)で、もの凄く差があったりします。

住民税は、税源移譲で、税率一律10%。基本はこれです。
でも地域によって微妙に違うこともあります。

まず、住民税の計算の仕方

  収入ー控除(扶養控除や保険料控除)=所得

これに税金がかかります。
一般的な保険料控除で計算すると、


 ●年収500万のサラリーマンなら
  扶養なし  所得税16万、住民税26万 (合計42万)
  扶養3人  所得税 6万、住民税14万 (合計20万)
  
 ●年金300万なら
  配偶者なし 所得税 6万、住民税13万 (合計19万)
  配偶者扶養 所得税 4万、住民税 9万 (合計13万)
 
 
ここまではどこに住んでも同じです。

実は住民税には、均等割と所得割の2つがあるんです。
上の計算は所得割だけ、これに均等割がついてきます。

この均等割が微妙に都道府県によって違います。
基本は均等割4000円(市町村3000円+都道府県1000円)。

私の住んでいる京都ならこの 4000円、
   でも、実家の奈良なら 4500円。

500円の差額分は「森林環境税」という名前が付いています。いろんな都道府県でこの余分の税が付加されています。(どこも5年間限定?)

  ・高知県、和歌山県にも同様の森林環境税 500円
  ・岡山県ほか中国地方:森づくり県民税 500円
  ・神奈川県:水源環境を保全・再生するための個人県民税 300円
  ・北海道は洞爺湖サミットに向け(←環境が問題になるから)導入検討中。

横浜市がみどり税なる特別税 1000円程度を検討中(2008.12追記)

大体どこも財政難の地方では「水や森」をキーワードに増税してきています。
法人にかかる分もあったりします。

ちなみに、住民税は、市町村区民税と都道府県民税の総称です。

---------------------------

まあ数百円、全体から見ればわずかなんですけどねぇ。。。。増税。
さて、私の場合、奈良と京都を往復している生活なのですが、
奈良だと均等割 4500円、京都だと4000円。

だから京都に住民票がある。でもね、京都市はゴミだすのに袋を買わなきゃいけません。
毎週20〜30円。年間にすると1000〜1500円。うーみゅ、損だよ。

でももっと差があるのは、給付の方。
子供の医療費タダ。なんてのはかなりの自治体がやっていますが、さらに子育て支援制度があったり、行政サービスがあったり、あるいは、高齢者に特化したサービスがあったりとか。。。。

実は住民税よりも大きく違うのが介護保険料。65歳以上の第1号被保険者で、私の住んでいる京都市と実家の自治体で較べると、

《介護保険料の違い》
     京都市      実家
   42,840円  38,700円・・・世帯全員が住民税非課税
   99,960円  77,400円・・・課税所得400万円の人

  ※自治体で、介護サービスそのものの内容が異なるからです。

仕事でよく「銀行は選ぶ時代ですよ。保険会社も選ぶ時代ですよ」なんて言っているのですが「住むところも選ぶ時代なのか?」な、とか思ってしまいます。

|

« 前頭葉を働かせる! | トップページ | 年齢別、給与の減り具合;民間給与実態調査から »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/16348829

この記事へのトラックバック一覧です: 住民税 安い所・高い所:

« 前頭葉を働かせる! | トップページ | 年齢別、給与の減り具合;民間給与実態調査から »