« またも円高、2番底か? | トップページ | 株式売買手数料 安い所・高い所 »

2007/09/10

世界の貧困;1ヶ月の生活費が1万円以下!

テレビ東京系(関西ではテレビ関西19ch)で8月末に放送された
  「100円玉に愛を込めて」  見ました。泣きました。

放映されたのは、ケニア・コロンビア・モルドバ。

  ●乳幼児死亡率17%の病気・栄養失調。透明な水を見たことがない子供達
  ●ゲリラに家族を殺され拉致され少年兵として育てられる現実。学校に行ってみんなと勉強したいと言う12歳の少年。
  ●食べるものが無く人身売買に巻き込まれたりする少女。

仕事柄、お金を全身で感じたい・感受性を高めたいと思っているので、「○○円」なんて言葉に反応してしまうんですよね。普段、民放はあまり見なくてもっぱら経済ニュースばかりが点いているうちのテレビですが、とても良い番組でありました。


---------------------------

それ以来ずっと気になっていた事。今、貧困層と呼ばれる人がどれくらいいるのか?
ネットサーフィンしてみてもはっきりしません。一度調べたのですがどうもはっきりしません。

 「一日1ドル以下で暮らす人は世界の半分」 という記述もあれば
 「2ドル以下、20%」など。

でネットくるくるしてみて、少なく見積もっても一日2ドル以下で暮らす人は世界の15%程度はいる、これが私の結論。
世界には60〜70億人いるから、約10億人がこういう生活をしているらしい。

---------------------------

随分前から、クリック募金というのをしています。
株式会社カカクコム提供で、1日に1回しかクリック出来ないのですが、企業が代わりに募金してくれるというものです。もうすぐ200円分になります。 ただいま198円。198回クリックしたと言うことですね。いくつかの団体が選べるのですが私はいつも「世界の子供の教育支援」を選んでいます。

    http://kakaku.com/donation/index.html

---------------------------

グローバル企業と貧困国の関係。非常にデリケートな問題であります。
企業が儲けるから貧困も減る、そう言う面は確かにある、絶対ある。
一方で、搾取行為があったり公害があったりする面もある、絶対ある。
 
「金採掘」による貧困層への影響・環境への影響

     ・・・・・「資源としての金」と「資産としての金」。同じ金なのですが、
   金投資を考えた時に、いつもつい金採掘の光景が頭に浮かぶ(いや見たことはないのですけどね)。

---------------------------

 お金と幸せは一致しない、それよりも夢!
 
ちょっと考え込んでしまいました。

|

« またも円高、2番底か? | トップページ | 株式売買手数料 安い所・高い所 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/16354651

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の貧困;1ヶ月の生活費が1万円以下!:

« またも円高、2番底か? | トップページ | 株式売買手数料 安い所・高い所 »