« 離婚前:別居する時に印鑑持って行く? | トップページ | インフレと貯蓄率、年齢別所得の変化 »

2007/07/15

住民票の続柄:妻(未届)

続柄。。。。。なんて読みます?

「つづきがら」が正解。「ぞくがら」は慣用。

住民票を取ると、夫とか妻とかありますね。
これ以外に世帯主・同居人、なんて言う別の分類のものもあったりしますが、今日の話は

    妻(未届)

こういう続柄があるんですよ。  って最近知ったのでした。
逆の夫(未届)もあるそうです。

  世帯主   ○○花子さん、
  夫(未届) ○○太郎さん

こんな感じ。

夫婦別姓問題・事実婚と絡みます。
戸籍上は結婚していないことになる。だから相続関係は非常に不利。
とは言いつつ、民法改正を待っている人もかなりいると聞きます。
(私自身は、夫婦別姓・事実婚については中立意見でして反対でも賛成でもありません。民法改正に積極的な政党もあるようですし(党首自身が事実婚)、そういう時代の流れなのかなぁ・・・・)

住民票上は婚姻関係に準じる扱いとなり、社会保険上とか、児童手当とかの権利(と義務)が享受できます。同居人では受けられません。(税金関係はダメです。)

===

 すでに配偶者がいる場合は、ダメです。
つまり、離婚前提の別居中に、別の人と婚姻関係、、、、これはダメ。未届の妻にはなりません。

 
 
全然関係ないですが、初婚の平均年齢 男29.8歳。女28.0歳 (2005年)  だそうです。(国立社会保障・人口問題研究所発表より)

|

« 離婚前:別居する時に印鑑持って行く? | トップページ | インフレと貯蓄率、年齢別所得の変化 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/15681474

この記事へのトラックバック一覧です: 住民票の続柄:妻(未届):

« 離婚前:別居する時に印鑑持って行く? | トップページ | インフレと貯蓄率、年齢別所得の変化 »