« 消費税と年金:100億円と10兆円 | トップページ | 日本株も大暴落:サブプライムローン »

2007/07/27

年金300万の人が一番、ダメージが大きい

まず最初に関連記事をば・・・健保保険料はこんな感じ

【関連記事】
 ●国民健康保険;年金125万円と250万円では、国保料は9倍違う (2015/02/18)

=====<

60歳定年、日本のスタンダードです。

5年前に60歳になった人と、5年後に60歳になる人、すなわち、今、55歳の人と65歳の人のキャッシュフローグラフを作ったのですが、驚くべき結果になりました。

 70歳時点での貯蓄額が、1000万円以上違います。
それだけ、増税やら健保負担やら給料カットやらされているということです。

  Rougochochiku

上のグラフは、少しだけ極端な場合ですが、退職時に退職金と合わせて5000万円の貯蓄が75歳時点で2000万円ですから、退職時で3000万以上ないと破綻することになります。

 主な要因は
  ○定年前の給料カット(役職手当・転籍等)
               ・・・200万減
  ○年金支給年齢の引き上げ ・・・300万減
  ○増税、とくに、年金250〜350万円の人の増税率が大きい
              ・・・7万/年(所得税と住民税)
  ○健康保険自己負担 
      現役並み所得の人:2割→3割(H18年から)
          一般の人:1割→2割(H20年から)
              ・・・人によるが 3万/年
  ○国民健康保険 保険料アップ
             1万/年  10万

  ○高齢者医療制度の創設(平成20年から、75歳以上)
      年金200万の人:7万
      年金 80万の人:1万
              ・・・夫婦で8万/年

まだ施行されていない分もありますが、合わせると10年間で大体900万〜1000万円を超えます。現在の企業の再雇用制度は、年金支給までという経過措置的に行うところがほとんどですが、65歳以上とか70歳とかまで働く環境を整えないと、破綻する家庭が今後増えてくると思います。
(施行されていない分は、消費税アップ問題と絡んで時期がずれると思いますね。いくらなんでもダブルパンチはないやろ)

年金300万円の世帯で特に配偶者(夫でも妻でも)が介護4・5になるとみるみる貯蓄は無くなります。実際私の回りでも

  「なんだかんだと月30万くらいの医療費+αがかかってます」とか、
  「病院の治療費は年金でまかなえるけどヘルパーを頼んでるのでこれが大変、
   合わせて毎月50万。病院から夜中の徘徊とかおむつのこととかを言われるとね〜」

むしろ、一人暮らしの場合の方がなんとかなりそう、そんな結果になりました。(低年金所得者だと税金・健保保険料と負担金・高齢者医療、すべてが安くなるので。ただし遺族年金に変わるなら、これはこれで苦しくなる)

貯蓄のある人はなんとかなる。
でも子供や兄弟や親戚に負担がかかっているケースもよく聞きます。
(「私が世話するんで、妹のあなたは『相続放棄(遺留分の生前放棄)』の書類にハンコ捺せ!」とかのケースはまた今度、お話ししますね、乞うご期待。)

============

【追記 2017.5】
 
これもう10年前の記事。当時、老後プランの仕事をし始めて納得して貰ってたころ。
 でもすでに税制とかもういろいろ変わった。・・・ なので追記しておきます。

 本体のHP上だから、パソコンじゃなく、スマホの人は見にくいと思うけど、こちらもどうぞ

月15万の年金が、悠々自適 になる 
 
「15の金力トレーニング」 (第3版2017年3月)
   
老後計画は、「自分がどう楽しむか」です。

  http://www.livelihood.jp/2business/ebook1.html

|

« 消費税と年金:100億円と10兆円 | トップページ | 日本株も大暴落:サブプライムローン »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/15795267

この記事へのトラックバック一覧です: 年金300万の人が一番、ダメージが大きい:

« 消費税と年金:100億円と10兆円 | トップページ | 日本株も大暴落:サブプライムローン »