« 税金を払わないと、、、 | トップページ | 株の配当(税金)で損しない »

2007/06/16

熟年主婦の年金:昔、貰った一時金

昔勤めていて、退職した主婦なんかが、
「辞めるときに一時金でもらったしなぁ・・・・貰わないで、老後の年金の方が良かったかなぁ」

わずかの退職金と一緒に貰うので、貰ったか貰っていないどうかもはっきりしない人もおおいと思います。もし貰ったとしても、それが、基金と厚生年金の両方なのか、片方なのかが重要となりなす。

大きな会社であれば、「厚生年金基金」と「厚生年金」があります。
前者は企業独自のもの、後者は公的なもの。

昭和50年頃までは、厚生年金の脱退一時金制度というのがありました。退職時に貰っていればチャラです。受給年が近づいても関係ありません。
(もの凄く利回りのいい貯金になったのですが、一時金で貰っている人の方が多いと思います。皆さん、今、後悔されていますが・・・・)

でも、貰ったのが、企業が設定している「基金」の方の一時金だけで、公的な厚生年金は、老後に貰う、となっている場合は、他の加入期間(自分で国民年金を払っているか)、カラ期間(サラリーマンと結婚して第3号被保険者になる場合が多い)を合わせて25年以上の期間があれば、受給できます。

こういう人は、当時払った分の何倍も戻ってくる計算になりますから、しっかり、年金記録を確認した方が良いです。(在職期間が短ければ、払った額自体が少ないので、たいした額にはならないかも知れませんが、、、、)

なお、この期間は国民年金加入の期間(つまり払っていたという期間)になります。
第3号期間(専業主婦の届け出をしていた期間)カラ期間は、年金額には反映されません。
 
 

|

« 税金を払わないと、、、 | トップページ | 株の配当(税金)で損しない »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/15406421

この記事へのトラックバック一覧です: 熟年主婦の年金:昔、貰った一時金:

« 税金を払わないと、、、 | トップページ | 株の配当(税金)で損しない »