« 案内1:お金の講座(ローン・貯蓄・株・保険) | トップページ | 混雑状況サービス、止まってます(年金) »

2007/06/08

学資保険の失敗談(その2)

学資保険の保険料は、
    被保険者(子)の年齢と性別
    契約者(親) の年齢と性別

で保険料が異なるのが普通です。
 これは、補償内容の危険率(確率)が年齢と性別で異なってくるからという理由からで、どのような保険設計をするかという保険会社の計算で変わってくるからです。一般に女性の方が危険確率が減るので保険料は安くなる。

だから、お母さんが契約者になるとほんの少し安く入れたりします。月100円とか。でも契約者がお母さんなので、万が一の時の払込免除はお母さん側です。

ここで落とし穴。払込者が妻で、受取人が夫だと贈与税の対象になります。
原則は、払った人が受け取る。こうしないと贈与税。
(妻と夫を入れ替えた場合も同じ贈与税。表参照)

基礎控除は年間110万円です、これを超えると贈与税。贈与額350万円の贈与税は36万円になります。途中で名義変更してもそれまで払った分はどうしようもありません。
保険の営業さんの説明不足に怒りを覚えるか、ファイナンシャルプランナーに相談しなかったことを悔やみましょう。

Hokennnozei

ちなみに、契約者=奥さん、払込は旦那さんの銀行口座とか給与引き落としなら、税務署は払った人を基準に考えますのでこれも要注意。生命保険も同じですので注意しましょう。

ちなみに、分かりやすくしようという意図なのか、通販系中心のこども保険、例えばアリコのこども保険なら親の年齢・性別に関係なく、こどもの年齢だけで保険料が決まるというものもあります。(こどもの性別では差がある)
 
 

|

« 案内1:お金の講座(ローン・貯蓄・株・保険) | トップページ | 混雑状況サービス、止まってます(年金) »

FP-保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/15321934

この記事へのトラックバック一覧です: 学資保険の失敗談(その2):

» 生命保険での算定会とは [生命保険の見直し相談もしたり比較も 生命保険協会もあるし選びはどうしよ]
算定会とは保険業界においてリスクの基準となる料率を計算する機関として知られていま... [続きを読む]

受信: 2007/06/25 17:47

» 学資保険は子供への贈り物 [学資保険は子供への贈り物]
学資保険・子供(こども)保険は子供の将来を考え、効率的に資金を準備するのに最適な保険です。学資保険は子供の誕生とあわせて考えたいものです。学資保険の基礎知識を学び、子供の夢を守る保険を考えましょう。 [続きを読む]

受信: 2007/06/26 19:51

» プルデンシャル生命保険のライフプランナー [日経マネーに学ぶ正しい知識]
プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。プルデンシャル生命保険株式会社は、あまり頻繁に名前を聞く保険会社ではないかもしれませんが、どのような特徴があるのでしょう?さて、この生命保険会社の特徴は、生命保険の専門家であるライフプランナーが、オーダーメイドの保障を提供してくれることです。一人ひとりの状況(年収や家族構...... [続きを読む]

受信: 2007/07/09 13:11

« 案内1:お金の講座(ローン・貯蓄・株・保険) | トップページ | 混雑状況サービス、止まってます(年金) »