« 年金基金:短期退職時の一時金の選択 | トップページ | 振り込め詐欺の亜種 »

2007/05/25

年金もれ、より、未請求;うちの場合

年金記録もれとか不明記録とか、ニュースになっています。膨大な数、5000万件だそうです。

実は、うちの親も貰える年金が数万円少なかった、というか増やせました。
ただし、漏れてたんじゃなくて、請求していなかった方。

昭和20年代に数年間勤めていた会社での厚生年金を請求していなかった。結婚して性も変わっているし、だいたい、日本の制度は、自分から申請しなけりゃ得しないようになっている。

本人忘れていたんだよね、そんな昔のこと。それに自分で厚生年金に入ってるなんて思ってないから。幸い、うちの親は5年の時効ぎりぎりに間に合って、未払いだった分も全額支給され、事なきを得てます。
基礎年金番号への統合をしたのが10年前だから、それより前の話です。
5000万件のうち、こういうケースも多いんじゃないかなと想像するんですが。

去年の記事もどうぞ 「年金記録もれ問題」2006/11

|

« 年金基金:短期退職時の一時金の選択 | トップページ | 振り込め詐欺の亜種 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

takさんこんにちわ。私も憤然やるせなく思い書き込ませていただきます。

昨日のニュースでやっていたんですが、ある主婦が独身時代(30年前)に働いていた時納めていた年金の記録が消滅していて、受取金額が少なくなっている。それを社会保険庁に申し出たら、「領収書がないと払えない。」と言われたそうです。このニュース、あんまりにも人をバカにした話だと思いませんか。確かに記録が無くなってしまった現段階では行政のこのやり方、間違ってはいません。しかし問題はそうなってしまったしくみと体制にあるのであって、そんな社会保険庁なんかやめちまえ!!年金制度なんかやめちまえ!!そう思ってやみません。

ひょっとして、数(十)年前から既にこのシナリオができていて、それならばと、バカげた財政投融資でのハコモノや無駄遣いを行ってきたのか?!と勘ぐりたくもなってきます。

大丈夫だろうなぁ 私の記録は。。。

投稿: reinaayane | 2007/05/25 14:30

年金記録漏れ、今日の新聞を見ると、政府も救済策を出すようですが、その中身が実現できるのかどうかは疑問ですね。不十分なまま統合して、その記録を破棄していますので、「払ってないのに払ったと言い張って得する人がでるか」それとも「払ったのに記録が復活しなくて損する人がでるか」どちらかにしかなり得ないと思います。前途多難です。

社保庁に限らず、すべての公務員が、自分の役所の責務(どういう法律に基づき何をするべき部署なのか)を認識すれば少しは変わるんじゃないかと思うんですが。。。。水道局なら安全な水の安定供給だし、労基局なら労働者の安全と保護・・・。

そもそも「年金法や健康保険法」という法律に基づき、それを管掌する社会保険庁の一番の責務は何なのか、ということを考えていれば、やるべきことやってはいけないこと、おのずから答えが出てしかるべきなのですが、こういう認識が少しずつ低くなってきているのが今の公務員ではないかと思います。

----

ちなみに税務署の税金徴収漏れなんてのも結構あるように思います。想像ですが・・・・

例えば、うちの実家の場合、20年前に隣の家と土地を買ったのですが、その後、家の方を壊して庭になっています。土地の税金って住宅がついていると安くなります。小規模宅地の特例といいます。家を壊したので本当なら高い税金になります。(だいたい1軒分の土地だと2倍から3倍)。でも今も安い税金のまま。

相続登記の時に気づかれるかと思いきやそのままになってます。ははは。
(税金の時効は5年間)

ま、ふつうの人は、安くなっていることさえ気づかないでしょうねぇ・・。
というか、家を壊して庭にしたら税金が高くなるなんてことを知らない人が多いです。(駐車場に変えたら、固定資産税が増えてびっくりしたなんて人がいます。)


まあ安全にもお金をかけていく時代ですから、自己防衛はある程度必須でしょう。

ちなみに今の年金制度では、給付が増えて破綻しそうになったら、みんなの給付を下げちゃおう、ってな法律になってます。そう簡単には破綻しない仕組みです。

制度は破綻しないけど、我々の家計は破綻するかも。


投稿: tak | 2007/05/26 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/15174588

この記事へのトラックバック一覧です: 年金もれ、より、未請求;うちの場合:

» 役人体質を許すな! [日々の出来事]
いま、社保庁の“消えた年金問題”が毎日のニュースやワイドショーで話題になっています。いや、社保庁の年金無駄遣いは話題になっていて私利私欲にまみれた公務員や議員に腹がたっていましたがテレビの前で一人怒ってはみても、その意思表示は選挙の1票でしかあ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/08 23:11

« 年金基金:短期退職時の一時金の選択 | トップページ | 振り込め詐欺の亜種 »