« 年金の記録もれ | トップページ | 保険は安心を買うもの »

2007/04/15

高齢者医療の負担増(まとめ)

★★★★★★★★★★★★★★★
平成18年10月〜(すでに実施)
★★★★★★★★★★★★★★★

○現役並み所得を有する70歳以上の窓口負担
                     2割→3割

 ※単身世帯年収383万、夫婦世帯520万

★★★★★★★★★★★★★★★
     平成20年4月から
★★★★★★★★★★★★★★★

○一般区分の70歳以上の負担金      1割→2割

  ※非課税や低所得ではない人


○高齢者医療制度の創設(75歳以上)

  試算例             負担額
    夫(厚生年金208万円)6200円/月=74400円
    妻(基礎年金 79万円) 900円/月=10800円
                        −−−−−−
                     夫婦で85200円
 ※2年くらいの緩和措置ができる予定。

-------

老夫婦世帯なら、健康保険料が数十万(40万とか)かかっている人が多いので、
ザクッと
  50万×死ぬまでの年数分 ===500万〜800万

が健康保険関係だけで必要です。

|

« 年金の記録もれ | トップページ | 保険は安心を買うもの »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/14680210

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者医療の負担増(まとめ):

« 年金の記録もれ | トップページ | 保険は安心を買うもの »