« 相続税が払えない人 | トップページ | ツバメが来ました »

2007/04/27

給料から支払う厚生年金の額は?

4月ももう終わりですが、4月と言えば新社会人の季節、ういういしい人、初々しいふりをしている人、初々しくはないけどスーツだけ新しい人、いろいろ見かけます。春は良い季節。

社会人になって会社にはいれば厚生年金を払います、が、意外と皆さんご存じない。

「自分がいくら厚生年金に支払っているか。」

給料から税金と共に勝手に引かれてますからね。しかも健康保険料も
あるのでわかりにくい。
どんな給料でどんな額か社会保険庁のHPに出ています。
月30万の給料の人で厚生年金約2万2千円。


   給料    厚生年金      
  20万円  14,642円 (労使折半後)
  30万円  21,963円 (労使折半後)
  40万円  30,016円 (労使折半後)
 
    ※これとは別にボーナスからも支払います。

ちなみに 国民年金は、収入に関係なく 14,100円

=====================

最大の良いところは、労使折半というところ。
会社も同じだけ払っています。
厚生年金未加入事業所というのは、会社分を節約したいから
起こる現象です。あと、パートとかで週の労働時間を制限して
加入しないでもいいようにするとかね。

厚生年金の方から見ると、給料30万で「2万2千円×2で4万4千円」。単純に40年間を掛けると実に2112万円。老後15年間年金を受け取るとすると

  2112万円÷15年≒141

年間141万円の年金として15年以上生きると元が取れるわけですな。
労使折半だから、この半分で良い。

ま、現行制度ならこういう感じです。
(※ボーナスを入れると3割くらい変わります)

======================
厚生年金は労使折半なので非常にお得。ただ、、、、
問題は、これくらいの額では生活できませんね、ってこと。
じゃあどうするの? 

それは自分で考えよう。自分年金提唱中。


|

« 相続税が払えない人 | トップページ | ツバメが来ました »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/14841158

この記事へのトラックバック一覧です: 給料から支払う厚生年金の額は?:

« 相続税が払えない人 | トップページ | ツバメが来ました »