« 退職金で住宅ローン:その注意点は? | トップページ | 今後の年金がとても心配 »

2007/03/28

自動車保険:対人無制限の誤解

あの〜〜。ここのブログに毎回来てくださる方はこんな誤解ないと思っているんですが・・・・・・

---------------

自動車保険の対人無制限。
これ、保険会社が言うなりにいくらでも払ってくれると思っていないですよね。

被害者側から見て、
  「無制限の保険だからいくらでも貰える」、そんなことないです。

 自分(被害者)の過失分はダメです。
 これは(今問題となっている)保険金の払い渋りとは全然違います。

 
 
交通事故で誰かが死亡すれば、
「その人の年齢とか職業とかこれまでの収入とか将来性とか」
こんなもので遺失利益を計算して損害額を決めます。
ケガなら治療費等を計算します。

事業に成功しつつある青年実業家なんかを轢いてしまえば多額の賠償責任。
高年齢なら将来得るはずだった利益もおのずと限られてくる。
こんな感じで、まず賠償額を決める。
つまり、最大はこの賠償額なんです。

この賠償額から被害者の過失割合をひいて計算。
 
これが保険で賄われる分。
すなわち、被害者の過失分は被害者自身は貰えないってこと。

ただね、この過失割合とか責任割合というのは事故自体が千差万別なので100%公平に判断というのは難しいのではないかと思います。保険会社が「これは8:2ですよ」っていうのが本当にあっているのかどうか、所詮、双方納得できるというのが交渉ごとの常なので、納得できないのなら、いろいろ自分でも調べたり聞いたりする必要があるのではと思います。
 勘違いしてはいけませんが、文句の強い方が勝ちではなく、「こうこうこれだから8:2はおかしいんじゃない?」という理由付けがないと、単なるクレーマーになっちゃいます。

 もらい事故も多い時代。事故で気分が滅入るうえ、いろいろと煩雑でだんだん疲れるのが事故ですが、ここはクールに対応しましょう。

------

ちなみに、対人賠償金のうち、死亡事故なら3000万までが自賠責から。
残りの分が任意加入の保険からです。(自賠責は「人」にだけ、物損は×)

つまり、任意で無制限に入っているからと、自賠責に入っていなければ、3000万円分は自前で払うということになります。(約款に自賠責を超える分、ってしっかり書いてありますから)

|

« 退職金で住宅ローン:その注意点は? | トップページ | 今後の年金がとても心配 »

FP-保険」カテゴリの記事

コメント

自己レスです。
今回、相手が「対人無制限」ということについて書きました。
これを書くなら「人身傷害」を書いておかなければいけませんでした。

自分の保険に「人身傷害」(搭乗者傷害ではない)をつけておけば、過失割合にかかわらず、保険金が支払われます。
人身傷害無制限、なんて保険料がバカ高の気前のいい人もいますが、私は、死んだ時・後遺障害になった時は自分の生命保険があるので、けがの時の保障分だけ数百万だけにして入っています。

ただ、自分の車にいろいろな他人を乗せることがある場合は、それなりに人身傷害を大きく掛けておいた方が安心ではあります。

投稿: tak | 2007/03/30 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/14296727

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車保険:対人無制限の誤解:

» 自動車保険 比較 [自動車保険 比較]
自動車保険をわかりやすいように説明します [続きを読む]

受信: 2007/03/28 18:21

» 自動車保険の森 [自動車保険の森 ]
自動車バイク関連の情報BLOGです。 [続きを読む]

受信: 2007/03/28 19:53

» 格安自動車保険!!格安自動車保険 [格安自動車保険!!格安自動車保険]
格安自動車保険!!格安自動車保険と格安自動車保険比較!自動車保険の自動車保険見積などを詳しくあらゆる角度からみた自動車保険を伝授!! [続きを読む]

受信: 2007/03/29 21:21

« 退職金で住宅ローン:その注意点は? | トップページ | 今後の年金がとても心配 »