« 証券担保ローン?自社株も | トップページ | 老後資金準備の盲点:固定資産税 »

2007/02/12

年金;一人暮らしの女性が危ない

夫婦2人暮らしの年金生活者が増えています。

でもって、男の平均寿命より女の平均寿命が10年長い。

だから、夫婦2人→妻ひとり。
旦那が亡くなれば年金どうなりますか?
一人暮らしの女性が増えています。
最近犯罪が多いですし、高齢の女性が危ないという話ではありません。(もちろんこれも危ないのですけど)

今の女性は厚生年金がほとんど無い人が多い。だって専業主婦期間が長かった上に、若い頃の厚生年金を一時金で貰って後悔している人がほとんど。

一部の公務員とか、長年会社勤務して自分の厚生年金がある人は非常にまれです。

まず、旦那の基礎年金が無くなります。そして厚生年金は4分の3です。
ま、簡単に言うと、世帯年収が5〜6割になるということです。

奥さんの厚生年金・共済年金もしっかりある人も、世帯年収としては激減です。4割くらいになる。
ま、両方年金がしっかりある人は使い切れない人も多いと思うのですが、生活が肥大化している場合は結構厳しいものがあると思います。
一度肥大化した生活水準を抑えるのって精神的に辛いから。

でもって、皆さん大きな家に住んでいるので固定資産税が結構高かったりします。医療費用も増えてきて家計破綻。

旦那の生命保険が十分ない人・貯金が十分ない人。
要注意です。

一人になった時用の資金はしっかり残して、あとは自分のため夫婦のため日本経済のために、どんどん使っちゃってください。>団塊世帯のみなさまへ

|

« 証券担保ローン?自社株も | トップページ | 老後資金準備の盲点:固定資産税 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/13863594

この記事へのトラックバック一覧です: 年金;一人暮らしの女性が危ない:

« 証券担保ローン?自社株も | トップページ | 老後資金準備の盲点:固定資産税 »