« マンションの新しいセールストーク | トップページ | 最高のマスターカードを発行;SBI »

2007/02/02

今年の税金還付は16万(確定申告)

昨日、確定申告に行ってきました。

今年の申告(昨年分)は、6月に会社を辞めたせいで年収が激減。だから還付金は結構ある。
というか、源泉徴収された分はしっかりみ〜んな回収してしまいました。
所得税 16万。

チャチャっと書けるかと思いきや、資料(証明書)集めたり、それを糊で貼り付けたり、コピー取ったりしていたら、しっかり4時間も掛かってしまいました。

ついでに、株式と投資信託の売買、すなわち、証券会社と銀行の特定口座分も合算して、
株式売買で損を出していたやつと、銀行の投資信託の儲けを相殺させてこっちもしっかり奪還です。
年間1000万以上を売買して、税金200円(分離課税分)。
つーか相殺できるように、損切りしたんですけど。(塩漬け株まだ一杯残ってます)

ーーーーーーーー

4時間も掛かって作った申告書をものの1分でチェックされる税務署員は流石です。
プロは違うなぁ・・・どこまで見ているのかわかりませんが。
でも、怪しい人は書類の雰囲気で大体分かると聞いたことがあります。


「綺麗に書けてますね」

そりゃまあ全くの素人という訳ではないですから。
経費の仕訳なんてないですし。
でも正直、褒められれば何となく嬉しいものです。

来年(今年分)は、セミナー講師代の源泉徴収分の奪還をめざします。
がしかし、多額・高額にはならないだろうなぁ。。。。。
元々の税金が微々たるものだし。


所得税 還付実績
  平成18年  16万
  平成17年  14万
  平成16年   8万

年末調整をきちんとしている人は、こんなに還付されませんのであしからず。
家買った、親を扶養にした、退職した、これらの結果です。
これで返ってきた税金が、自動車税とか固定資産税に消えていくわけですねぇ(;_;)
国税から地方税に動くわけです、私の場合。

|

« マンションの新しいセールストーク | トップページ | 最高のマスターカードを発行;SBI »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/13743177

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の税金還付は16万(確定申告):

« マンションの新しいセールストーク | トップページ | 最高のマスターカードを発行;SBI »