« 標準的(平均)年金支給額 | トップページ | 貯蓄率過去最低 »

2007/01/12

ニーズ(Needs)とウォンツ(Wants)


「必要なもの」と「欲しいもの」

この区別ができれば、家計管理はOKなのである。
意外とこの区別が出来ないことが多い。

かく言う私も、
 
「この○○は必要なものなんだ、俺にとって」
 
なんて言い聞かせて買うのだけど、よく考えるとその○○はウォンツであったりするのである。
 でもって、
 
『自分の金だ、使って悪いか』なんて開き直ったり。。。
 
 
----
 
最近新しい言葉を知りました。
新年早々、叔父さんが亡くなってお葬式があったのですがその時来られたお坊さんとお話する機会がありました。私の仕事がファイナンシャルプランナーでという話をしていたら話がはずんでしまって、

 「今の30歳以下の人の平均給与は300万円台なんですよ。でも月収1000万超える家族でも、豊かさを実感しているかというと、そんなことは全然無い。むしろ、若い人の方が精神的に豊かだったりする。」
 「ほんと、この仕事をすればするほど、収入と豊かさは関係ないということを実感します。」
 こんな話をしました。
 
 そのお坊さんはおっしゃいました。
 「仏教で、『少欲知足』という言葉があります。人間の欲望はきりがないから足るを知るということ、それを貴方は実感されているわけですね」
 
-----

 この言葉、『足るを知って我慢しろ』という禁欲的な話じゃないと思う。
 先に言った、ニーズとウォンツ、これを区別しなさいということじゃないかと思うのである。
 

|

« 標準的(平均)年金支給額 | トップページ | 貯蓄率過去最低 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/13448827

この記事へのトラックバック一覧です: ニーズ(Needs)とウォンツ(Wants):

« 標準的(平均)年金支給額 | トップページ | 貯蓄率過去最低 »