« 年末調整に控除の書類が間に合わない時(サラリーマン) | トップページ | ATMで、現金10万円を超える振込ができない(本人確認法再び) »

2006/12/12

遺産:不動産をもらってさあ大変(相続税)

------------------------
親が亡くなりました。
遺されたのは子供3人(長男、次男、長女)。
相続が発生します。
------------------------
今回は次男の苦闘の物語。

不動産を長男が、貰ったとします。
もし、相続税を払わなければいけないくらいの遺産だと、長男は貯金を下ろして相続税を納めることになります。


  【相続財産】
    ●自宅  4000万
    ●現金  4000万(・・・死亡保険金を含む)
この他に、親が相続した、昔お爺さんが使っていた空き家がありました。
    ●不動産 3000万円がありました。

(相続した遺産)→
   長男 自宅 4000万・・・不動産のみ!
   次男 不動産3000万・・・不動産のみ!
   長女 現金 4000万
  
相続税は、法定相続人が3人なのでこの場合、8000万円までは1円もかかりません。
 5000万+法定相続人×1000万 までは非課税。
 今回はこの非課税枠を超えているので相続税が発生します。
    (※生命保険控除は省いています。)

----------
 
 子供それぞれが貰った財産に応じて相続税を払わないといけません。

 長男・長女は、109万の相続税
  次男は    82万 の相続税

 
 もし、長男・次男が不動産しか貰っていなかったら、自分の貯金から納めると言うことになります。遺産分割のあとで、現金を貰った長女がうかつに二人にお金を渡すと贈与税がかかります。
 
 不動産だけを貰う時は、相続税のことも気にして、その分の現金も分けて貰いましょう。

----------

(さて次男にスポットをあてます)

さて、祖父の不動産を貰った次男は、現金に換えるべく、売却することにしました。

相続税の期限は亡くなって10ヶ月。
この間に売ろうとすると、元々田舎の土地をさらに買いたたかれて現金化するということになってしまいます。

 不動産評価は路線価という毎年発表される価格で評価されますので、買いたたき分の減額は税務署にまず認めて貰えません。
 
 そして、売るためには自分の名義にしないといけません。
 登記簿を取り寄せると、なんと、名義はお爺さんのまま。

 親父には兄弟姉妹が4人いて、みんな亡くなったんだけど、その子供、すなわち、いとこが15人くらいいます。

 いとこすべてに相続の権利があったのですから、みんなの戸籍謄本やら印鑑証明やらを集めないといけません。本来なら、相続財産算定の時にもめる問題です。
 
 当時の遺産分割協議書が残っていれば、それで従兄弟みんなも気安く印鑑を捺してくれるでしょうが、なかにはやっかいな従兄弟がいたりします。
 
 こんなことをしている間に、あっという間に半年がたってまだ現金にできない次男なのでした。
 
----------

 (まだ次男の苦闘が続きます)

 やっと名義が自分のものになって、やっと不動産屋に持ち込むことができるようになりました。
 
 「家と土地を売りたいんですが、、、、家は古いので先に壊した方がいいですか?」
 
 ちょっとお待ちくださいね、とりあえず、現地を見ないことには。
 
 「この土地、境界でもめているみたいですね、向かいの人。」
 「なんで向かいの人ともめるんですか?道があるでしょ道が」
 「いや、その道というのが、境がはっきりしてなくて。道幅4mということは役所で分かるのですが、その境界がはっきりしなくて、向かいの人が『うちの土地はここまである』と言うものだからそこから4m差し引くと、お宅の両隣とは段差ができちゃう。どうも境がはっきりしないというわけです。」
 「じゃどうなるんです」
 「境がはっきりしないことには、うちでは、売ることができませんね。あとで信用問題になりますから。ま、相手と交渉しますので、しばらく待ってください」
 「しばらくってどれくらい?」
 「ま、相手がすでに言い分を持っていますので、半年程度かな」


----------
いつまでたっても土地が売れず、相続税はもとより、翌年の固定資産税も、貯金から出して払うことになった次男なのでした。
 
----------

土地を相続する時は、とっても慎重にしてください。

ちなみに、相続税路線価は公示地価の8割が目安です。
これだけを見ると、現金を貰うより2割引で評価されてお得とも言えますが、その分いろいろ面倒なこともあるという例です。


----------

 実は近年、相続税upが囁かれています。
 消費税の陰に隠れていますが、ほぼ確実です。数年後には非課税枠が減少すると思われます。
 
 なぜかというと、今の相続税の控除額はバブルの頃にできた算式だからです。
 当時、バブルで地価が上がったので、控除枠が増えたのです。
 それから10年。ずっと地価が下がっていて、昔の水準になったので、また元に戻そうと。。。。
 いや、以前ほどには戻らないでしょう。
 
 でも、数年後はこんな感じになるんじゃないでしょうか?
   現在  5000万+法定相続人×1000万
    ↓
   予想  4000万+法定相続人×800万
 
 相続税率は変更せず、控除縮小だけだとすると相続税額は

 【相続財産】
  長男 自宅 4000万・・・不動産のみ!
  次男 不動産3000万・・・不動産のみ!
  長女 現金 4000万

  <相続税>
          現在    将来
   長男・長女は、109万 → 164万の相続税
    次男は    82万 → 122万 の相続税

     こんな感じかな。

  相続税払いたくなければ、増税される前に、早く死ね!ってか。
  

|

« 年末調整に控除の書類が間に合わない時(サラリーマン) | トップページ | ATMで、現金10万円を超える振込ができない(本人確認法再び) »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/13042577

この記事へのトラックバック一覧です: 遺産:不動産をもらってさあ大変(相続税):

» 路線価?〜路線価って何なのさ?土地の価格④ [不動産情報:お役立ち情報満載ブログ by KZ]
いつもご訪問ありがとうございます! \(^o^)/  さて、「不動産投資:土地の価格は一物四価??? 」にて、土地の価格は公のものだけでも4種類あると書きましたが、今回、その中の 「路線価」について述べます。  この「路線価」ですが、これまでご紹介してい...... [続きを読む]

受信: 2006/12/12 23:13

» 不動産屋さんリンク集を作成いたしまし。 [アパート・不動産屋さんリンク]
不動産屋さんリンクを作成しました。来月から稼動しますので宜しくお願い致します。 [続きを読む]

受信: 2006/12/13 01:15

« 年末調整に控除の書類が間に合わない時(サラリーマン) | トップページ | ATMで、現金10万円を超える振込ができない(本人確認法再び) »