« もし若くしてエイズになったら(障害年金) | トップページ | どんどん沈む日本(一人当たりのGDP) »

2006/10/29

控除証明書ぞくぞく来ています

来年の確定申告用に保険会社から証明書がぞくぞくとやってきています。

私の場合だと、日○生命の生命保険と個人年金保険、ア○○ックのがん保険、三○住○海上の火災保険と個人年金保険、自転車総合保険なんてのもあったりします。

  この証明書が発行される=確定申告で控除できる=税金(所得税)が安くなる

ということを意味します。
確定申告まであと4〜5ヶ月くらいあるのでちょっと早すぎですが・・・・
・・・・大事な書類なのでしっかり保存しておきましょう。(会社員の方は確定申告でもいいですが、年末調整でも可能です)

さて、この保険料控除は合計で最大11万5千円控除されます。

所得税率1割なら1万強、2割なら2万円強カムバックです。

  (1) 生命保険料(一般):10万円超で「5万円控除」
  (2) 生命保険(個人年金):   〃
  (3) 長期損害保険契約:2万円超で「1万5千円」
  (4) 短期損害保険契約:4千円超で「3千円」
      (ただし、(3)(4)は合計で1万5千円。)

--------
この他に社会保険料控除もあります。

自営や年金受給の方は給料天引きではないので、

  (5) 社会保険料控除:納税者と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料(全額)
    健康保険、雇用保険、国民年金、厚生年金保険、介護保険料(※1)

※1:年金受給者が年金から介護保険料を控除されている場合は、その受給者が支払っていることになり、家族が負担したことにはならない。

ちょっとした裏技としては、「今年はちょっと多く収入があってぎりぎり税率があがっちゃったなぁ」という場合に、

 ●国民年金を前納してしまう(前納1年以下)とか、
 ●子供(同一生計)の過去の国民年金未納分を払ってしまう。
なんていう方法で控除を増やして税率を下げる、なんて事も可能です。

国民年金は2年間。猶予を受けた場合(学生特例・若年者猶予)の追納期間は10年間。

--------

住宅ローン控除の残高証明も来ていますね。
年末までに繰上返済する方は、気をつけてください。

【ポイント抜粋】
12月末の借入残高。12月末まで居住している。
10年以上の返済期間。
それから所得3000万以下。(←こんなに所得あるんだったら控除なんて受けるなよ! なんて言いっこ無しね。)

 住宅ローン控除については、夫婦連帯債務で(1)夫が全額返済、持ち分も夫100%と(2)妻(収入あり)にも持ち分があり、夫婦それぞれで返済 で同じローンでも控除額が変わります。
  (これについては、ローンを組む時の話になるのでまた今度)。

|

« もし若くしてエイズになったら(障害年金) | トップページ | どんどん沈む日本(一人当たりのGDP) »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/12471539

この記事へのトラックバック一覧です: 控除証明書ぞくぞく来ています:

« もし若くしてエイズになったら(障害年金) | トップページ | どんどん沈む日本(一人当たりのGDP) »