« ゼロ金利解除 [ 年金生活者の3つの誤解 ] | トップページ | 特別分配金 »

2006/07/15

新たな時代が始まった、か?

ゼロ金利解除、今日の新聞でも賑わってます。

なんだかんだ言ってもこれまでの日本は高度成長期の影響をバブル期まで引きずっていました。1960年頃から1990年頃までの40年間。その後バブルが崩壊して15年あまりのデフレ期を経てのゼロ金利解除です。

公定歩合操作による金融政策に戻った、と一口に言っても、過去40年間とはおのずと異なる影響になるでしょう。高度成長期、あちこちで日本改造が行われインフラが整備され日本経済は大きく成長するとともに一方で負の遺産を作ってしまった時代でした。
 高度成長期は、とりあえず、「作れば売れた」時代。これからはサービスの時代で、同じ物を作ってもみんなが利益を上げられるわけではありません。

当時と違うのは、少子高齢化が進んでいること。
企業が過去最大の利益と言いつつ、昔のようにバラ色ではないのは、人口減少時代に突入して、言ってみれば、パイの奪い合い時代になるからなのではないかと見ています。国内産業のあらゆる分野で人口が2割減ればどうなるか。単純には売り上げが2割減るということ。で、みんな2割減るかというと、全然減らないところもあれば、ドカンと減るところも出てくる時代。

 国際化を進めて日本以外で成長しようとしている企業も増えています。過去最高の利益を海外利益のために投資する企業。昨年、月例報告では貿易収益より投資収益が上回った月が何度かあります。
日本は原料を輸入して付加価値を付けて輸出する。こういう時代から、海外に投資してその収益を得る。そして、国内と海外のバランスから、より安定的経済成長を目指していく、こういった時代になるでしょう。

「創る・作る・売る・サポートする。」 日本の製造業の基本ですが、これからはよりサービスに目を向けた視点が重要となるとみています。

|

« ゼロ金利解除 [ 年金生活者の3つの誤解 ] | トップページ | 特別分配金 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/10946675

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな時代が始まった、か?:

« ゼロ金利解除 [ 年金生活者の3つの誤解 ] | トップページ | 特別分配金 »