« 500万の年収で300万借金 | トップページ | 自分に投資する? »

2006/03/04

医療費をいっぱい払ったら、請求しよう

最近、私の回りで、立て続けに3件、損をしている人があったので、意外と知られていないんだなぁと思って投稿します。

健康保険でちょっとした手術なんかして医療費が多額になったら、、、、戻ってきます。
低額所得者、普通の人、高額所得者で3段階あってそれぞれ、かかった医療費によって計算式があるのですが、ひと月の医療費が下記を超えた人は、超えた分のほとんどが戻ってきます。
目安は
        70歳未満   70歳以上
  低所得者   3.5万    2.5万   
  普通の人   7.5万    4万
 高額所得者   14万    7.3万

企業の保険組合の場合は組合が自動で計算する場合が多いのですが、国民健康保険などでは自分で請求しないと戻ってきません。

長年、病院知らずで来た人ほど、いきなり入院になって、請求額に驚きつつも支払って、それで終わり。未請求という方が結構いらっしゃるようです。
注意点は、差額ベッドなどの保険外の分は除外、かつ、各月ごとの請求で計算する、という点。

「高額療養費」制度といいます。

一年間の医療費が10万を超えるとその分の税金が戻ってくるという所得税還付の制度(確定申告)はよく知られているのですが、これは所得の税金分だけですが、この高額療養費制度は超えた分が返ってきますので知らないととても損です。(当然ながら、この療養費制度で戻ってきた分は医療費がそれだけ減ったと言うことなので、確定申告時には差し引かないといけませんよ)

今度の医療制度改革で、計算式とか基準が若干制度変更される予定になっています。

|

« 500万の年収で300万借金 | トップページ | 自分に投資する? »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/8934514

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費をいっぱい払ったら、請求しよう:

« 500万の年収で300万借金 | トップページ | 自分に投資する? »