« 確定申告の季節到来 | トップページ | 500万の年収で300万借金 »

2006/02/26

金貸して〜==>投資

「金貸してくれよぅ」
「なんでだよう」
「5%利子払うからさぁ、100万円ねっ」

よっぽどの仲でなかったらお金借りられませんけど、これが事業資金であったらなら、、、、ここに利息制限法と出資法の微妙な違いがあったりするわけですな。

でもって、利子でなく配当であって、借用書の代わりに株券であったりすると、それは株式投資になるわけです。

訳の分からないいかがわしい会社に出資する人はほとんどいませんが、これが新規公開株であったりすると募集がわんさかくるのが不思議なところ。事業内容と成長性の判断はいつでも重要なファクターなのですが、どうもそれが軽視されているように思います。

銀行の役割のひとつに「お金を貸す」という役割があります。
事業資金という点では借金も株式発行も同じです。財務上は債務かそうでないかの大きな違いはありますが、それはともかく、事業資金をどう融通させるか、持てるものから持たざるものへの資金移動と、その報酬としての配当なり金利なり。。。。。。。。あるいは、株上昇というそれ自体の資産価値上昇の期待。

株はだめ=不労所得はダメ、と言う方、、、、銀行はダメなのか、証券会社はダメなのか。
事業資金の融通ルートのひとつとして株式投資やら社債やら投資信託があると考えると、タンス預金では利子は付かない→定期預金なら利子がつく→投資なら配当がつく。ただし資産価値は下がるリスクもある。

不動産を買うと、それは土地代+建物代。土地の方は市場価値によってその資産が上がったり下がったりします。一方、建物は通常は年数に従って価値の下がる消費財。不動産を買うための資金を融通するのが不動産投資信託のリート。家買うと、やっぱり公示地価なんて少しは気になって自分の所の地価を見たりするものですが、自分の資産がどう変化しているのか。

土地を2000万で買いました、地価が下(上)がりました、売っても買ったときより下(上)がっています。
株式を100万買いました、株が下(上)がりました、売っても買ったときより下(上)がっています。
土地を買えばそこに住めます。株を買えば(優待券があれば)優待券が使えます。

現金、預金、不動産、株、どれも資産のひとつでそれぞれに特徴があります。マイナスの資産ならこれにローンが加わります。

資産をどういう形で保有するか、、、、生活費、利殖、遺産、、、、賢い消費者ほどこれらの配分を考えていて、それは、決して、資産の量にはよらなくて、1億持っている人でも無頓着な人は無頓着、これは言えます。

以上FPの宣伝でした(^^;)(あと、万が一の保険ってのもありますけど)

|

« 確定申告の季節到来 | トップページ | 500万の年収で300万借金 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/8836150

この記事へのトラックバック一覧です: 金貸して〜==>投資:

« 確定申告の季節到来 | トップページ | 500万の年収で300万借金 »