« 高齢者はお金持ち 平均2436万の貯蓄 | トップページ | 株取引 子供に説明できますか? »

2005/11/09

投資信託の善し悪し判断

投資信託は利益を期待して買う商品です。
    良い投資信託ってなんでしょう?
    悪い投資信託ってなんでしょう?

元本割れしたのは、、、少なくとも良い投資信託ではないですよね。
元本割れするか、しないかが善し悪しの基準でしょうか?

定期預金にすれば少なくとも、定期預金金利は貰えますから、これが基準でしょうか?
個人向け国債の前回の基準は0.5〜0.6%です、これが基準?
アメリカの国債は今、4%程度です。これが基準?
日経平均株価はこの半年で2〜3割上昇しました。これが基準?

アメリカの国債が4%なのに、米ドルで投資して、これよりも大幅に低い利益しか出ないのならそれは良い投資信託とは言えません。
日本株が半年で2〜3割上昇しているのに、日本株投資の投資信託で、2〜3割に遠く及ばない投資信託はそれはあまり良い物とは言えません。

つまり、元本割れしなかった。少し儲かった、というだけでは良い投資信託とは言えませんよってこと。

どうしても手数料の分、割高になってしまうのが投資信託です。販売手数料3%や信託報酬 0.5%/年というやつですね。
どういう対象に投資して、どれくらいの期待があるのか、それが手数料を払っても投資する価値があるかどうか、これの判断がなければ、儲かったのは販売した銀行や証券会社だけということになってしまいます。

少ない金額でも分散投資の効果が出るのが投資信託です。この効果があるのかどうか、よく理解した上で投資信託を選びましょう。そんでもって、選んだ投資信託が下がってしまった、期待するほど上がらなかった、、、これは先を読む目がなかったと素直に反省するしかないでしょう。

|

« 高齢者はお金持ち 平均2436万の貯蓄 | トップページ | 株取引 子供に説明できますか? »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/7003660

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託の善し悪し判断:

» 最も信託報酬の安いファンドは? [ホンネの資産運用セミナー]
投資信託の手数料には、購入するときにかかる販売手数料、運用中にかかる信託報酬、解約時にかかる信託財産留保額があるが、「最も重視するものはどれか?」と聞かれたら、私は迷わず「信託報酬」と答える。なぜなら、販売手数料や信託財産留保額が多少高くても、長期的な運用を行えば取り返しがつくからだ。... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 23:00

« 高齢者はお金持ち 平均2436万の貯蓄 | トップページ | 株取引 子供に説明できますか? »