« 貯金なし | トップページ | ゼロクーポンはこんなにお得 »

2005/11/06

外貨建て年金型債券大流行(銀行さん儲けすぎ)

驚異の資金を集めているグローバルソブリン(グロソブ)オープン投信、こいつの二匹目のドジョウを狙ってか、最近銀行さんが同じような外債型オープン毎月分配型(もしくは2ヶ月ごとの分配型)を出してきています。(正確に言うと、投信会社が設定したこの投信を大手銀行が扱い出してきています。)

なんか、見てると、単に米国債券買って、「うわまえ」はねてるように見えるんですが気のせいでしょうか?

 投資信託大好き人間の私は、少々手数料が高くてもそれを上回るメリットがあると信じている好意的な方なのですがそれでもこいつは高く見えるぞ!

グロソブは、曲がりなりにも、いろいろな優良債券の組み合わせをしているから、少しくらい手数料が高くてもまあ仕方ないかなぁなんて思うのですが、最近のこの年金型債券投資信託は単に外国の国債買ってるだけのように見えるんです。
素直に「証券会社で扱っている外国ゼロクーポン債の方がお得ですよ」ってなぜ言わないのか、言ってくださいよ。
ゼロクーポン債(10年物)を買えば償還はどちらも10年。比べたときのメリットは、10年後にまとめてどかんと利子を貰うか、それとも、毎月または2ヶ月ごとにちまちま貰うかの違い。当然、目に見えない諸経費も毎月型の方が割高。

唯一、こいつのメリットは、元本取り崩し型である点。
利子の他に元本も10年に分割して崩していく。
しかしこれがメリットなのか。

 毎年元本を取り崩さないといけない資金は、10年物のこの投資には向いているとは思えませんが。。。。
まあ、人それぞれの考え方がありますので自己責任でお願いします。
 確かに今、アメリカの利率が高いので、少しくらいの為替リスクならそれを相殺するくらいの利率です。さらに為替が逆に動けばそれ以上のメリットがあります。

証券会社で投資信託を買いに来たお客様に、販売手数料の安い個人向け国債を勧めない構図とよく似ている気がします。

 ※国債買いに来た人にはちゃんと売ってくれますよ、投信に比べて安全性がとても高いですから。でも、投信か国債かで迷っていたらまず間違いなく、投信を勧めてきます。あちらさんも商売ですので。

|

« 貯金なし | トップページ | ゼロクーポンはこんなにお得 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/6935463

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨建て年金型債券大流行(銀行さん儲けすぎ):

« 貯金なし | トップページ | ゼロクーポンはこんなにお得 »