« 年金 月6万UP (20年後) | トップページ | 2005上期の成績 »

2005/10/03

本日のニュース3題

今日のニュースから話題を2つ。

○郵便局で投資信託販売 始まる。
  郵便局史上初、元本保証のない商品を販売することになりました。
  これがどういう意味を持つのか、よーく考えましょう。

  世の中「民営化」の声が吹き荒れる中、財政投融資はここ数年で急激に縮小、道路公団もまだまだ途上とは言え民営化。個人資産1400兆円のうちかなりの額を集めている郵便局で、投資信託を売り出したということ。
  全国に数万局ある郵便局のうち、たった600局程度らしいが、大きな流れの第一歩だと感じます。

  ところで、実際上のことを言うと、郵便局が投信を売り出したということ自体は、我々庶民にとっては、単にいままで「証券会社」や「銀行」でしかかえなかったものが郵便局でも買えるということ意外には特段かわったことになった訳ではありません。別に手数料が安いとかそんなこともないみたいですし。

  その昔、コンビニがぽつんと出来たとき、こう思いませんでしたか。「スーパーで買う方が安いし便利やん」。「コンビニなんて儲かるの?」。。。。。それが20年を経て、今はコンビニ全盛、スーパーの売り上げを上回っています。そんな近所にぽつんとできたコンビニ。
 そういう一歩が今回の郵便局での投資信託販売なのではないかと感じています。


○平成電電 民事再生手続き申請へ。(匿名組合への投資はどうなる?)
  確か、業界4番手か5番手かの電話会社。CHOKKAサービスでそれなりにユーザーは居たはずだけど。

  よく新聞なんかで見かけませんでしたか? 100万円で年利10%(税引後8%)。っていう宣伝。
  6年間で100万円が160万円になるという投資で、みんなから集めたお金で設備投資して収益を還元するというふれこみでした。
  この低金利にホントかよって、ホームページをよく見ると劣後債(破綻時などの場合、回収の優先権が低い債券)だし、はっきり元本保証なし・破綻時には回収困難なんて書いてあるし、、、、これは相当やばい。だって匿名で、なんていかにも危なそう、そんでもって、年利予想10%なんていうのはそれだけ利率を上げないと金が集まらない。こういう手法で集めるのは銀行なんかが貸してくれないからなんだ。って考えてたんですが、まさか本当に民事再生するとは思っていませんでした。
  近所に平成電電の店舗もあるし、倒産しないんだったらなかなかいい投資先だなぁなんて思っていましたが、危ない危ない。利回りは危ないものほど高いというよい事例です。
  負債総額1200億。 半端じゃないですね。

○外貨証拠金取引のトラブル急増中

  今日の朝日新聞です。ちなみに変額年金保険のトラブルも急増中です。
  どちらも元本保証されてません。どちらも投資手法としてはかなり有効なものなのですが、
  営業マンはリスクをマイルドに話す傾向があります。売る方買う方、お互いが都合良く解釈してしまって後でトラブルになります。リスクを理解できない投資は絶対厳禁です。
  リスクをきちんと説明しない営業マンや会社には将来はありません。が、それに自分がひっかからないように注意しましょう。

|

« 年金 月6万UP (20年後) | トップページ | 2005上期の成績 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/6238069

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のニュース3題:

» 平成電電が破綻(笑) [陽光燦爛的日子 a diary of Worldwalker]
(画像をクリックすると拡大表示) ------------------------------------------------------------ 平成電電、民事再生法を申請――負債は1200億円 2005年10月3日 平成電電(株)は3日、同日付けで東京地方裁判所に民事再生の手続を開始する申し立てを行なったと発表... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 00:42

« 年金 月6万UP (20年後) | トップページ | 2005上期の成績 »