« 59円→39円 | トップページ | 貯蓄の出来る人 »

2005/10/31

騙されないでね、金融商品

「○○が××しない限り、△△です」

  アメリカが戦争しない限り、高利回りです。・・・海外債券
  会社が倒産しない限り、元本保証です。・・・社債
  中国元相場が急変しない限り、中国株投資は成長します。・・・中国投資

人間って都合のいいもので、最後の△△の部分だけ、すなわち、「高利回り」とか「元本保証」とか、「成長します」とか、そんな部分だけを取り出して投資してしまいます。

相手が大手だからと安心してはいけません。変額年金裁判で8000万の支払い命令を受けて敗訴したのは東京三菱銀行ですし、会社の倒産も、こんな大きな会社が倒産っていうのも珍しくありませんよね。ましてや聞いたことのない会社の社債や株、買えますか?
イランイラク戦争のように突然戦争がはじまることもありますし、通貨で言うと、今年中国政府はそれまで中国元・ドルの固定レートであった通貨を、市場連動制度に移行すなんてこともあります。

ちなみに、私の最近のトピックスでは、「中国インドの次は、東欧だ!」っと思って、売り出し中の東欧ファンドを買ったのはいいけど、いきなり南部地域で紛争が起こり急落中。(←カントリーリスクっていいます)
 バブル時代、ちょっと土地を持っている人に、大手銀行会社が「お金融資しますからマンション建てましょうよ」って行ってきたマンションは今、空室だらけ、借金が返せず、競売中なんてこともよく聞く話です。

ま、確かに、タンス預金も、火事とか盗難っていう物理的なリスクと、それ以外にもインフレリスクという目減りするリスクを抱えているわけで、決してタンス預金が100%安全とは言えないのですが、こんなのも含めて、いろいろなリスクがそれぞれにあるということを知って、騙されないようにしてくださいね。あくまでもリスクとリターンは自己責任です。(いくら消費者契約法や金融商品販売法があるといっても、騙されたら終わり。)

日銀下部組織である、金融広報調査委員会のHPでは、
(http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/hanbai/hanbaiho.html)
 ○貯金と思ってくださいと言われ、株式投信を購入。結局、元本が半分になってしまった。
 ○「利率がいい」と勧められるままに外貨預金にしたら、円高の影響で元本割れしてしまった。
 ○利率、額面は確定」と言われ社債を購入。社債発行の企業が倒産して、紙クズ同然になってしまった。

 こんな事例が書いてあります。
 相手に騙す気がなくても、いろんなことが起こりえまして、騙すって言うと何か悪いことみたいですが、そこまでいかないボーダーライン上の事例。ちょっと手数料高めとか、そういったことが9割。
そりゃ人生長い中には、ちょっとくらいは損するようなここともあるでしょうし、こっちにしておけば良かったみたいなこともあるでしょう。ちょっとくらいの損で済むように、リスク分散しましょうね。

|

« 59円→39円 | トップページ | 貯蓄の出来る人 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/6798597

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されないでね、金融商品:

« 59円→39円 | トップページ | 貯蓄の出来る人 »