« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月に作成された記事

2005/08/29

外資系投信会社

どうも投資信託の記事が多いですが、それは私が行なうFP関連の話題の中では一番長い付き合いがあるからです。

ところで、投資信託をまあいくつか買ったり売ったりしているわけで、時にはひどい目にあうときもありますが、今日は外資系の投信会社についてです。

まず、投資信託は、「販売会社」である証券会社や銀行と、「運用会社」である投信運用会社はまったく別の会社です。販売会社は運用会社の委託を受けて販売している形になっています。(実はもう一つ運用会社と信託契約を結んでいる「信託会社」があって、販売・運用・信託の3社からなりたっているのが投資信託です)


販売時、つまり、投信を買うときには、その販売会社である銀行・証券会社のグループ企業の投資信託、たとえば、大和証券や三井住友銀行で投信を買うなら、大和住銀投資顧問が運用する投資信託、野村證券なら野村アセットマネジメント、こういった投信が買えるのが普通です。が、よくパンフレットなんかを見ると、あまり聞かない外資系の運用会社が並んでいたりします。最近は1社だけではラインナップが揃えられないのでどこもかなりの数の運用会社の投資信託を扱っています。

どうせ投信を買うなら、販売会社の系列の投信会社ではなく、こういった外資系のものを買うというのも良いと思います。事前にネットなんかで、ここではどこのなにが買えるのかを調べて、窓口に行って申し込まないと自社に都合のいいものしか勧めてこないなんてことになるかも知れません。

JPモルガンは日本では有名な投信会社。イギリス出身のシュローダー投信。こういうところはとても有名ですが、債券に強いピムコ、世界分散運用に強いピクテ、根強い人気のあるアメリカ系フィデリティ投信。この他私も聞いたことすらない投信会社も一杯あります。
 一般的に、個人の投信購入資金だけでは運用資産が集まらず、どこかの年金運用をしているとことが多いみたいですので、基本的に長期スパンの運用となりますが、変に短期間で現物株を売り買いして「儲かった損した」というよりも、個人資産の長期運用による資産形成には有効ではないかと思います。

こういう場面でも、やはり分散投資。銀行も証券会社も保険会社も倒産する時代ですから、ひとつの投信会社だけにせず、いくつか分けるとか、販売会社も分けるとか、あらゆる点において分散するということは、いろいろなリスクを減少させることができます。(リスクを分散した分リターンも限定的になりますが、個人の資産形成においては、それが重要だと思います)


ただ、投信の場合、あれがよいこれがよいなんて言うのは市況の変化がどうなるかプロでも判断が難しい世界なので、同じアメリカ優良株運用の投資信託でも、アメリカ本社のものより、日本の投資信託の方が良かった、なんてこともよくありますので、自己責任でお願いしますね。
あと手数料の違いも気にしてくださいね。くれぐれも放ったらかしにして、気がつくと価値が半分になっていた、なんてことがありませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/27

投信の信託報酬

投資信託の手数料には3つあります。(1)買ったときと(2)売ったときと(3)日々の運用に対する手数料。
一番取っつきやすい投資信託と言えば「日経平均やTOPIX」といった指数に連動する投資信託で、手数料が安いので、月々の貯金の一部や生命保険を減額して一部をこういう指数連動型投資信託(インデックス型)に移すというのをよくお勧めしているのですが、手数料を誤解しやすいのでご説明します。

上の3つの手数料、正式には(1)申込手数料(2)信託財産留保額(3)信託報酬 となっています。で、これらは同じインデックスタイプの日経平均連動型でも、各証券会社・銀行での手数料はバラバラです。

注意する点は、(3)の信託報酬というのが、ずーっと取られて運用されていてそれは基準価格に含まれているので目には見えないと言う点です。この信託報酬というのは、いわば、日々の資金の運用にたいする手数料です。
販売会社である銀行・証券会社と投資信託の設定した会社などが分け合う手数料です。

よく証券会社では、(1)や(2)が無料の代わりに(3)を高く設定しています。(1)と(2)は最初と最後の1回だけかかる費用ですが、(3)はずっとかかる費用ですので、長期に持つ場合にはこの(3)を重視する必要があります。

いくつかの銀行・証券会社の資料から試算すると、『5年くらい以上運用』する場合は、(3)を重視する方が良いようです。

で、最後に結論をひっくり返してしまいますが、これら買うところによって異なる手数料の差は、基準価格の変動に比べると微々たるもの、と言えます。    ははは。
ですから、割高になったなと思えば一部を売って現金化するとか、逆に割安になったなと思えば、スポット買いして取得価格の平均を下げておくとかこういうタイミングの方が収益に関して言えば重要ということになります。

この他のポイントというと、例えば銀行で投資信託の積み立てをすると、普通預金のキャッシュカードの時間外手数料が無料になる、という場合があります。こういうメリット・利便性で買うところを決めるというのも一理あります。
自分が一番気持ちよく買ったり売ったりできるところというのが、ポイントかもしれません。

ま、少なくとも(1)申込手数料だけで考えてはいけませんよ、ということだけ確かですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

大人も大変…「子供の経済教育」

インターネットで子供が何をやっているのか。
きっと親より子供の方がコンピュータをよく知っているという家庭は結構いるんじゃないかと思います。私の回りには「並以上」のパソコンの使い手が大勢いるのでそういう話はほとんど聞くことはありませんが、一般的にはどうなんでしょうか。

ところで、子供向けの経済教育、これをやってみたいなぁなんて前から思っていて、先月、経済教育サミットに参加したのも何かきっかけがないかと思ったからなんですが、今日のyahooニュースを見るといろいろ取り組みがされているようです。

◎早稲田大学とメリルリンチ日本証券:小中学生を対象の「キッズ・マーケットキャンプ」
  ライフプランの立て方や保険や投資の仕組みなどについて学ぶ。三十人の募集に二百人以上が応募。

◎りそな銀行:「りそなキッズマネーアカデミー」
  預金、融資、外貨など銀行の業務について説明。

お札一杯印刷したら、国の借金なくなるんじゃないの? とか なんで中国は景気が良くて日本は不景気なの? とか。  国民年金は払わないといけないの? とか。

そのうち、子供の方が経済をよく知っているということになるかもしれません。

*********

本屋さんの教育コーナーで、高校生用の政治経済の副読本を買ってきました。 想像以上です。

たとえば、    <東京法令出版の政治・経済 より  定価840円>

◎進化するコンビニ(大手6コンビニの店舗数と売り上げ)
  電子商取引、POSシステム、料金収納代行サービス、コンビニバンクにポスタルローソン
◎政治・選挙
  マニフェストってなに?。 小選挙区制での死票数。一票格差。政官財の鉄のトライアングル。郵政公社と民間銀行・保険会社・宅配便の比較

◎資本主義経済
  CD1000万枚売れた浜あゆ(=1億円)と100枚しか売れなかった歌手(=1万円)の差はどうして生まれる?
  GNPよりGDPを使う理由。デフレによる破産(企業・国家・個人)。日銀金融政策

◎社会保障
  現在13300円の国民年金保険料が将来はいくら? 医療費年金は大丈夫? 生活保護の厚い壁。


他にもいろいろ、いわゆる政治経済のことがもちろん書かれています。これだけの内容が詰まって840円。

新幹線に乗るときに、変な雑誌を2冊買うよりよっぽどためになりますよ、これ。
キオスクに提案しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

リボ払い症候群

給料日前に、いつもの月より余分にお金が入っていると、つい使っちゃう人、手をあげて〜

この手の人、結構いるんじゃないでしょうか。私もかつてはそうでした。なんか適当にCD買ったり飲みに行ったり本買ったりとか。

この延長線で、リボルビング払いの枠が残っていると、つい使ってしまう人々が大勢いるそうです。
リボルビング払いというのは、枠があってその枠内ならお買い物してもOKで、支払いは月々定額の2万とか。枠の総額はクレジット会社が決めますが、支払う月々の額は自分で決められます(最低支払い額が決まっているところも多い)。自動分割払い機能のついたクレジットみたいなものですね。

このリボルビング払いを利用している人の何%かは、このリボルビング払い症候群になって、アメリカでは問題になっていると、金融庁の委員会の議事録に出ておりました。
なんでも、「枠が残っていると不安になってしまう」のだとか。(ホントかよ〜)

リボの枠は人によって違いますが、だいたい20万から50万くらいで、これはもちろん借金です。かつ、リボの利子は15%くらいでしょうか。ということは、常にこれだけの借金があるとすると、年3万円〜7万5千円ほど利子を払っている計算になります。

ま、リボは嫌いだといって消費者金融(年利20%くらいのものが多い)で借りるよりはいいのかな。

ご利用は計画的にね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

ライブドア株、乱高下

長期投資と言いながら、短期投資のいわばギャンブル行為をしてしまいました。

8/19日のライブドア株、乱高下。この株、去年の野球チーム争奪戦の時に買って大変な目にあっているのですが、1年かけてなんとか赤字も取り戻しすべて売却、、、、、、と思っていたのですが、世の中お盆休みということで、私も少しくらい刺激的なことをしましょうと、またもや買ってしまったのでした。
libedoor

部屋の模様替えをしつつ、ネットアクセスして株価チェックを行っていたのですが、少しだけ買ってしまっていたライブドア株。午前中は平穏だったのですが、午後1時半くらいから急に上昇。コーヒー飲んでふと見ると急上昇中で、なんでなんでとあわててニュースサイトを見て回ったら、広島6区からの出馬報道。

どこまで上がるのかちょっと煙草でも吸っておこう、と15分後に見たら、14時20分には急落、483円まで一気に下降。またもやナンデナンデと、ニュースサイトを駆けめぐると、自民公認ではなく無所属立候補のニュース。

 ほんとにこれが材料になったのかどうか、はっきりしませんが、乱高下です。
結局、手数料と税金を引いて約6%の収益。

とりあえず、業績は悪化しないという見込みで買ったものの、ほとんど人気のみで、会社の業績なんかなんのその。全く関係なく売買してしまいました。

ごめんなさい。 FPとしては、人にはお勧めできません。自己責任でやってくださいね。

去年はひどい目にあいましたが今回は勝ったかな。
パチンコ・競馬につぎ込んだみたいなものです。
(ちなみに、すってんてんになっても影響しない範囲でギャンブル用資金はギャンブル用と区別してやってます。でも今回みたいなアブク銭が次のギャンブルへと・・・・・いけない、いけない (^^;) )

ライブドアは単位元が1株なので、1万でも買えるんですよね。(普通の証券会社だとこれに、手数料が1000円とか2000円とかかかります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/18

金利上昇中

アメリカの金利を調べていましたら、なんと、アメリカ公定歩合と誘導目標金利(Offical Discount Rate , Target FF Rate)ってこの1年で2%も上がっています。

    2004.7月  →2005.7月
公定歩合 2.25%  → 4.25%
誘導金利 1.25%  → 3.25%

こんな調子でもし日本の住宅ローンの金利も上がったら、、、、、

今、35年2000万(2%)の3年固定の変動金利ローンで年間支払額100万円だったとして、もし3年固定金利期間終了後に4%になっていたら、年間支払額130万円です。

契約の時に、金利が上昇しても支払額は25%以上は増えませんなんていう特約がついていると、支払額は125万円に抑えられる分、残債が増えます。=>>>それはつまり、ローンが減らないという事態になります。5万円増えます。

そしてそのまま金利が高止まりしたら、35年経ったときに膨大な借金が残っているという事態に陥ります。

金利が上昇したら、年間支払額100万円→130万円も相当大変なことですが、それでも、無理にでも繰り上げ返済して、ローンを減らさないと大変なことになります。繰り上げ返済する目途がない人は要注意です!!

********
景気が底を打ったということで、日本の株価が上昇中です。これに伴い、債券価格が下がり金利が上がってきています。簡単に言うと、株が上がると、債券の利回りも上げないと市場のバランスが取れないという原理に基づいています。
もっと簡単に言うと、デフレで物価の下降が止まって上昇してきた、だからローン金利ほかいろいろな金利も上昇してくるということ。現在進行中の気配。

 株を持っている人にとっては株価上昇は嬉しいことですが、住宅ローンを持っている人にとっては恐怖です。

対策としては、(1)繰り上げ返済、(2)住宅ローンの上昇以上に、株や投資信託で運用益を稼ぐ、(3)変動金利ローンから固定金利ローンに借り換える、なんかが考えられますが、現実的には(1)を頑張ってするという世帯がほとんどではないかと思います。


まだまだ、景気の底を打ったのか半信半疑な面がありますが、ここは要注意です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/11

FPにローン相談すると

今回はちょこっと宣伝。

FPにローンの相談すると、、、、。ほんの少しのことで、100万200万円の経済効果を出せる自信があるから、世の中にFPという職業があるわけです。そんななか、ローンのお話。

ローンで一番大きいのは住宅ローンですが、例えば、数年以内に車の購入の予定があるとか子供が私立大学に行くとか住宅以外の支出と重なることも多いです。こんな時、それぞれでローンを組むより一番安い金利である住宅ローンで多めに借りておく、なんて手法も取れるわけでしかも、住宅ローンなら「住宅ローン控除」という減税効果も使えるわけですね。

 資金の需要時期が微妙にずれるので、金利動向なんかには少し先を見た判断が必要なわけですが、もし、予想外になったら、その時は繰り上げ返済という手も可能なわけですし、リスクよりはメリットの方が大きいと思います。
 ほとんどの人は、住宅を購入するときに目の前だけを見てローンを借りてぎりぎりの生活になっちゃうから、余計に苦しくなっちゃう。人生何度もない住宅購入を目前にすると回りに目が届きにくくなるのはわかりますが、それではいけません。

こんな提案が出来るのはFPだけ。 不動産屋さんや銀行さんはこんな提案してくれません。

アメリカでは、良い医者、良い弁護士、良いFP がいればOKなんて言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/08

○○証券の窓口営業

こんな営業していてはいけませんな。
時間があったので、いくつか投信の資料をもらおうかと、証券会社に寄りました。
「担当の○○はあいにく外出しております、かわりのものでよろしいでしょうか?」


「株取引をやっているんだけど、少し安全性の高い商品、債券系とか国債とか、別に投信でも良いけど、何かお勧めの投資信託ない?目論見書もらってかえるから。期待/損失 ±1割以内のやつ」

で出てきたのが、その会社のHPで今がんがん宣伝している投資信託。

何がいけないかというと、こちらは株はやだといってるのに、株5割以上を運用するやつを持ってきた。
とりあえずC投信という名前にしておこう。
このC投信、一応クローズ期間がなくいつでも売買できるみたいなので、「運用期間はどれくらい?」という質問がなかったことは大目に見ましょう。しかし、株の割合5割以上とかなり株価に引っ張られる商品です、こちらの意図とはまったく違う。さらにこのC投信、2割以上あがったら消極的な運用に代わるというやつなのです。株系投信としてはやや安全な部類になるかもしれませんが、こちらは株から分散しようとしているのに、顧客のことを考えてませんね。自分とこのキャンペーン商品をもってきてどういうことだ。申込手数料も3%を越えている。まったく今回の私向け商品ではありません。

いくつかの商品を勧めるひとつに、このC投信があっても、まあいま売り出し中だし、売りたいんだろうな、ってくらいなら良いのですが、今回は、この商品一本のみ。こちらから話をふって、MMFはどう?とか公社債・国債とかどう?とかオセアニア系外貨どう?とかしたのに、そんな商品のパンフは持ってこようともせず、これ一本。
 選択の余地がないわけです。
といっても私は申し込まない・帰って考えますという選択をしましたけど。

 この営業さん、誰がきてもこの商品を売ろうとするんでしょうか? 投信欲しいという客なんて、あまり詳しいこと分からない人に違いないから、これ勧めちゃえ、なんて思ってるのでしょうか。

この営業さん窓口だから当然株の注文とかも受けるし、投信の注文も受けるんでしょうが、自分で運用してませんね。だから、こちらの株以外にも分散したいという意図が理解できていないんだと思います。

たしかに今の情勢ではMMFや国債では年1%程度しか収益は期待できないので、それよりはこの投信のほうが収益性では期待できますよっという考えがあるのでしょう。投資アドバイザーは収益を第一とするのに対し、ファイナンシャルプランナーは収益性と同時にリスク回避も考えるという点で根本的に違うんだなということを感じでしまいました。(→もし勧める商品がないのなら、MMFでは1%くらいしか期待できないし、銀行の定期にしておきなさい、1000万円までは元本保証で安全ですよ、くらい言って欲しいのだけど、証券会社のひとがこんなこと言うわけ無いですね。)


 都市銀行でも信託銀行でも証券会社でも、「あなたどれくらい自分でやってます?」って聞いてみると面白いと思います。まあまともには答えてはくれないでしょうが、意外と人にがんがん勧めるのに自分ではほとんどしていないという人が多いという記事を読んだことがあります。普通のサラリーマン、がんがん投資するほどの資金はもってませんって感じでしょうか。

 本来の担当者のアポもとらず、時間があったのでちょっと寄っただけで、担当とは違う人が出てきたところに最初の一歩を踏み違えた感がありますが、それでも、こんな営業はいけませんな。もう少し顧客のことを考えてくださいよって言いたくなります。 
もっともどこの営業もこんな感じと言うことを聞いたこともありますが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/04

50万貸してください!  ほいよっ!

「50万円貸してちょーだい」
「ほいよっ」

って貸してくれる人がいるかなぁ、なかなかいないですよね。貴方貸せますか?
それが例えよく知っている友人であってもなかなか貸せるものではないです。
それがですね、クレジットカードのキャッシングサービスなら簡単に貸してくれたりするんですよ。クレジットじゃなくてもいわゆる消費者金融でも。

「なんで見ず知らずの俺に貸してくれるんだろう、なんて親切なんだ」
と思っていてはいけません。それだけ裏があるということです。
つまりは金利が高い。まあ、貸す方にしてみれば、見ず知らずの奴に貸すわけだから高い金利を貰わないとやってられませんってとこでしょうか。

キャッシュサービスだけではありません。クレジットのリボ払いでも同じ事です。

お金に関する価値観は様々、人それぞれで、「借りたものは必ず返す」律儀な人(←これが当然だと思いますが)中には、「目の前だけ対処すればいい、どこからか借りて今が収まればいい」なんていう無頓着な人も結構います。

さて、貴方のお金に対する価値観はどんなものでしょう ?

(1)貯めない。とりあえず使う、借金返済のために働く
(2)使うために貯める。それは自分へ(あるいは誰かへ)のご褒美だ
(3)とりあえず貯める、それが生き甲斐であり、貯めていないと不安
(4)貯める貯めない以前の問題で食べていけない。宝くじ当たらないかな。
(5)とりあえず食ってはいけてるし、まあいいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/03

預金者保護法

盗難とか災害で損害が出たら、所得税の計算の時に所得から控除できるというのが雑損控除であります。

この適用範囲には振り込め詐欺は、入らないということが今月号のFPジャーナルに出ている。なんか変だなぁという気がしないでもないが、そういうものらしい。

ところで本日、カード被害救済のための「預金者保護法」が成立した。
これで少しは安心。しかし、まだ、ネットバンキングは適用外らしい。
今、銀行のHPにいくと、かならずスパイウェアにご注意と出ているのに。。。。まあ保護法が出来たら出来た手で悪用するやつもいるだろうから難しいところか。

最近はキャッシュカードでの引出し、振込み限度額が100万とか200万とかの額で、一般的には全然問題ないのだけど、去年、マンションの頭金用に貯金を解約しておいた500万をATMから引き出そうとして困った困った。契約当日に引き出す予定だったらアウトだね。
だからといって、一日の限度額を増やしておこうとは全然思いませんが。。。。滅多にないことだし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/01

中古マンション売り出し中

最近はネットで不動産検索ができたりして、結構お気に入りのブックマークがあったりしますが、yahooでも「不動産」というのがあって、中古マンションが検索できます。

「仲介マンション」→「京都中京区」なんていうので検索すると、、、、ですね。

2002年に総戸数96戸で10戸が売りに出ていたり、
京都駅前に1998年に出来たマンションが78戸中12戸売りに出ていたりと結構な割合で買い手募集がされていて興味深いです。マンション中の1割越えるってのはちょい多いですよ、たぶん。

どちらも、当時、大々的に宣伝した物件なのですが、ちょうどこのくらい時期が経ったときが売りたくなる時期なのでしょうか。それともローンに苦しくなって我慢できなくなるのが、この5年目7年目くらいの時期なのでしょうか。

しかし、手放す人が多いのは、やはり難があるのか。オーナーチェンジと書いていないので、収益物件ということはなさそうなのだけど、駅までで結構便利なところでなぜ手放すのか。ちょっと気になります。

いずれにせよ、5年目くらいの物件だとリフォームすれば、そんなに改装費もかからずにかなり新築に近いものが手に入ります。新築にこだわりがないのなら、こういった物件を手に入れるというのも、価格的には結構メリットがあるんじゃないかと思った次第。

京都市内はマンション建築ラッシュが続いているので、価格が高いうちに売っちゃおうという目論見かな。

新築にせよ中古にせよ、自分の気に入った物件というだけでなく、5年後10年後のライフデザインを考えて購入しましょうね。引っ越し費用ももばかになりませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »