« 金持ち・時持ち | トップページ | 家は資産か? マンション賃貸 »

2005/07/25

借金症候群

最近読んだ本で面白いことが書いてありました。

お金・家計に関する生活習慣病というのが時々雑誌に書かれていますが、その中でも、借金に関する話題です。

 若いときに車をローンで買って、結婚して収入が増えたらマイホームをローンを買って、日々の生活ではクレジットカードを限度額まで使うタイプの人、どれだけ収入があっても、常に借金があるというのです。どれだけ収入がというのは、例えば高額納税者で新聞に出るような人であっても、というのです。

 つまり、収入が増えたら増えただけ背伸びした借金をする性格でかつ、借金返済が労働・経営の源になっていると。 一概にこれが悪いとは言いません、ある意味割り切ってしまってもいいのかもしれません。

***  ただ、アクシデントには非常に弱いとは言えるでしょう。  ***
***  収入のバランスが崩れたときに破綻です。   ***

 個人破産やカード破産に限らず、大手スーパーの経営者でもいくつかが経営不振で、その中には裁判沙汰になっているものもありますが、どれも、身の丈以上の借金があだになっています。また古来、業務拡大時の無理な借金で、あれだけ好調だった企業がつぶれることは、どんな時代でもありました。

***  性格の問題だったんですね。   ***

収入が少ないときは軽自動車をローンで買う、収入が増えれば高級住宅・高級自動車をやはり借金で買う。よく考えれば、いやよく考えなくてもありがちな話であります。

まず、キャッシュがなければ投資はできない、とだけ思っていましたがキャッシュが人並み以上にあって、富豪と呼ばれるような人でも投資に不向きな人がいるとわかったのが新鮮でした。

|

« 金持ち・時持ち | トップページ | 家は資産か? マンション賃貸 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/5150147

この記事へのトラックバック一覧です: 借金症候群:

« 金持ち・時持ち | トップページ | 家は資産か? マンション賃貸 »