« 竹中大臣と福井日銀総裁を間近に | トップページ | 連れ子の遺産相続 »

2005/07/12

ラップ口座って?

一言で言えば、おまかせで運用してくれる投資用の口座ってことになるでしょうか? ほとんどは投資信託系の組み合わせで、勝手に運用してくれるというものです。

私の本体の方のHPでも書いてありますが、投資のリスクを分散するためにはいろいろ種類の違う投資をして、リスクを下げます。リスクが下がる分、期待収益も下がります。分散の方法として、例えば日本株とユーロ建て債権とアジア株とか。海外の事情なんかなかなか素人にはわかりづらいですから、プロの目でこういった分散を適宜勝手に運用してくれるという結構便利な口座であります。

投資信託そのものがファンドマネージャーという運用する人の人件費がかかっているので手数料が割高になるのですが、こいつはさらに手間がかかるわけですから手数料が相対的に割高になります。相対的というのは、結局のところ、期待収益が落ちると言うこと。あまり大きな利回りは期待できません。それでももし年7%ちょいで運用できれば10年で2倍になりますから、なかなか侮れません。
 素人判断でするよりも、プロに任せて運用する方がリスクは低い、、、、と言いっきってよいのかどうか。実はわかりません。

 過去、ユーロ導入時にユーロがもの凄い人気となりましたが予想に反して導入後大幅下落とか、10年前の日本に売り出されていた投資信託のほとんどは3年たってもなかなか収益が上がらない、しかも手数料の高いファンドものほど成績が悪い、なんてことがありました。
プロが運用するからと言っていつも収益があがる訳ではありません。

でも、まあ、平均的には、良いんじゃないかと思います。10年間運用ならそれなりの利回りが期待できるんじゃないかなぁ。

残念ながら、ラップ口座開設は1000万とか2000万とかの最低金額があるので、そこまでの資金のない人は、やはり、個人で分散投資してリスク軽減を自分の手でやるしかありません。

ペイオフの1000万越えの資金があって、いくつか銀行に振り分けたけどまだ資金があって、どっかに預けなきゃっという人に向いているような気がします。

他人任せだから、上がったり下がったりというのを楽しむってわけにはあまりいかないですね。
最近いろいろな証券会社で扱うようになってきています。私には金額的に無縁のものでありますが。

|

« 竹中大臣と福井日銀総裁を間近に | トップページ | 連れ子の遺産相続 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/4946446

この記事へのトラックバック一覧です: ラップ口座って?:

« 竹中大臣と福井日銀総裁を間近に | トップページ | 連れ子の遺産相続 »