« 日本の借金時計 | トップページ | 年金生活 »

2005/07/06

株と変動金利ローンのギャンブル性について

500万の株 と 3000万のローン(変動金利35年)  どちらがギャンブルですか?


500万の株を買うというと、結構ギャンブルだととらえる人が多いと思います。この500万の株購入と、3000万35年の変動金利とのとどちらか、ギャンブルか。

住宅ローンと言えば今や変動金利型が主流であります。これには銀行の貸し方の問題もあるのですがそれはおいといて、7/2の投稿にもあるように、20年2000万のローンでたった0.4%金利が変わっただけで92万円の差が出てきます。

3000万35年のローンを2%で借りたとき、金利が0.75%上昇して 2.75%になると、支払総額は500万増えます。
つまり、金利0.75%と500万の株のリスクは同等となります。

日本の長期金利は1.3%くらいですが、世界主要国は3〜4% アメリカではここ1年で1%上がりましたから、5年後の日本の金利が+1%以下なんて誰も言えません。

普通のサラリーマンで、500万の株投資というと結構度胸がいりますが、本当なら、3000万35年の変動金利の方がよっぽど度胸がいるんだ、ということに気づいていない人が多いです。それはなぜか。私に相談しないからです(^_^)

100万投資しても、最大の被害は100万だけ。200万投資なら200万だけ。一方、変動金利で多額の借金をすれば、金利上昇時の被害は数百万、それ以上になるかも。
どちらがギャンブル的か一目瞭然ですね。

 株には手を出すな!っていわれて育ったの人が多いのでしょうか、日銀金融広報中央委員会の統計資料を見ても、株や投資信託の割合はまだまだ少ないです。
 株や投資信託をする人が少ない一方で、変動金利ローンを組む人が多いのは、銀行なんかの思惑にのかっているという事なのかもしれません。(※ただ、今週も金利はまだ下がっています、今のところは、一概に変動金利が悪いというわけではありません。リスクが高いということだけ)

※投資にもいろいろあって、証拠金取引(先物とか為替予約とか株の信用取引とか)は元手の何倍もの取引ができますからこれはのぞきます。現物取引のみの話。

|

« 日本の借金時計 | トップページ | 年金生活 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/4847177

この記事へのトラックバック一覧です: 株と変動金利ローンのギャンブル性について:

» 未払い利息 [住宅ローンとお金の情報サイト]
住宅ローンの金利体系に「変動金利」というものがあります。実は、3年固定や5年固定 [続きを読む]

受信: 2005/07/09 20:39

« 日本の借金時計 | トップページ | 年金生活 »