« 増税3(再来年?) | トップページ | まだまだ増税 »

2005/06/03

投資信託

これから、投資信託増えまっせ。
なぜなら、銀行が一生懸命売っている、金利優遇とか手数料優遇とか、果ては、キャラクターグッズをおまけにつけるとかして売っている。郵政民営化して、郵便局でも投信を販売するとなると、販売ルートが拡大して宣伝合戦。しかも国が後押し、してる。

ということは、かなりあくどい商法も出てくるわけで、外貨預金の時もそうだったけど、過去の実績なんていう、一番都合の良いデータを実績なんてもってきてて勧めてくるわけで、何で円安だったのか円高だったのかっていう経済情勢まで説明してくれる銀行員(証券外務員)なんてまずいない。

takもあちこちで勉強のために投信を買ったことがあるけど、まともに答えてくれて流石プロだなと思ったのは2回くらいしかない。たいてい当たり障りのない説明で終わり。
危ない危ない。

なんで国が後押しするのか、、、、うがった見方をするとですね、道路公団なんかに流れていた財政投融資(郵便から流れる資金で融資)を郵政民営化でなくそうとしている。それは、経済界にお金がまわらないという状況を作ってしまう。そのために、投資信託でお金をまわそうっていうこと。

 国がリスクを引き受けていたせいで、あちこち無駄な建物ができちゃったわけですが、国のリスクを個人に分散させてしまおうという作戦。ま、国より個人の方が監視役として機能するんじゃないかという期待もあるのかもしれないけど。

 リスクがあるということ、銀行も証券会社も企業だから売りたい商品があるということは常に意識しましょうね。と、こういう風に思いつつ、ボーナス入ったら、○井○友の投信コーナーに行って10万円くらいと引き替えにいろいろ勉強してこようかと思っているtakでした。

|

« 増税3(再来年?) | トップページ | まだまだ増税 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/4388308

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託:

» 投資信託 [金融辞典]
投資信託投資信託(とうししんたく)、投信(とうしん)は、投資家が資産運用会社に資金を預け、資産運用会社がその資金を元に株式や債券などに投資することによって運用し、その運用で得た利益を投資家に還元する仕組み。アメリカではミューチャル・ファンド(Mutual fund)、イギリスではユニット・トラスト(...... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 16:03

» 拡大を続ける投資信託、純資産は4年ぶりの高水準に [Garbagenews.com]
【FujiSankei Business i】によると、【投資信託協会】は11月14日、2005年10月の投資信託概況を発表した(【発表リリース、PDF】)。それによると純資産総額は49兆2723億円... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 17:40

« 増税3(再来年?) | トップページ | まだまだ増税 »