« 2005年4月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月に作成された記事

2005/06/30

優待券

株式投資の関すること。
一般的に、1株100円以下の銘柄はジャンク株なんて言われて投機的な銘柄だと言われてる。最近ネットトレーダーが活況なのか、スピードが速い。一日に数億株の売買が成立していることもある。みるみる株価が上がっていく、なんてのは、takは過去に一度だけしか経験したことがありませんが、ディトレーダーの方は日々追いかけているのでしょうね。(逆にみるみる下がるってのも一度だけ経験しましたが、とても心臓に悪いです)。
 数百万株くらいがの売買注文が一気に消化されるってのはちょっと異常ではないかと。一体、発行株数はどれだけあるんだ!と言いたいのだが、売ったり買ったりを何度も繰り返す人が多いんでしょう。株価が一株10円だと1万株でも10万円だから割と手も出やすいし。

 そのうち、破綻するよ。この人たち。

と言いつつ、takも気がつくとこの手の株が3銘柄くらいあったりする。5月の暴落時にはどうなるかと思いつつ、なんとか値が戻ってきた。でその中の一つである、長年(といっても3年ほど)お世話になった十字屋グループ株、現在株価70円台をうろちょろしている。そしてついに、ダイエー本社株に併合となった。急にダイエー株に変身してくれても、こまるんだけどな。
 OPAの優待券くれるので持っていたけど今年で終わり。うーん残念。2000円以上で200円の割引券1枚使える優待券。いつもCD・DVD購入で使ってます。yutai

 この優待券、オークションでかなり格安で取引されている割には、あまり使っている人を見たことがありません。店員に聞いても、あんまし見ないです、なんて返事。みんな知らないのかなぁ。なくなるのはとても残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/22

まだまだ増税

財務省 税制調査会  やってくれますな。
  http://www.mof.go.jp/singikai/zeicho/top.htm

まだまだ増税する気らしい。
「我が国を支えるのはサラリーマン」発言もでた。

消費税5%upのときを忘れたわけでもないだろうが、ペース早すぎ。景気が失速しなければいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/03

投資信託

これから、投資信託増えまっせ。
なぜなら、銀行が一生懸命売っている、金利優遇とか手数料優遇とか、果ては、キャラクターグッズをおまけにつけるとかして売っている。郵政民営化して、郵便局でも投信を販売するとなると、販売ルートが拡大して宣伝合戦。しかも国が後押し、してる。

ということは、かなりあくどい商法も出てくるわけで、外貨預金の時もそうだったけど、過去の実績なんていう、一番都合の良いデータを実績なんてもってきてて勧めてくるわけで、何で円安だったのか円高だったのかっていう経済情勢まで説明してくれる銀行員(証券外務員)なんてまずいない。

takもあちこちで勉強のために投信を買ったことがあるけど、まともに答えてくれて流石プロだなと思ったのは2回くらいしかない。たいてい当たり障りのない説明で終わり。
危ない危ない。

なんで国が後押しするのか、、、、うがった見方をするとですね、道路公団なんかに流れていた財政投融資(郵便から流れる資金で融資)を郵政民営化でなくそうとしている。それは、経済界にお金がまわらないという状況を作ってしまう。そのために、投資信託でお金をまわそうっていうこと。

 国がリスクを引き受けていたせいで、あちこち無駄な建物ができちゃったわけですが、国のリスクを個人に分散させてしまおうという作戦。ま、国より個人の方が監視役として機能するんじゃないかという期待もあるのかもしれないけど。

 リスクがあるということ、銀行も証券会社も企業だから売りたい商品があるということは常に意識しましょうね。と、こういう風に思いつつ、ボーナス入ったら、○井○友の投信コーナーに行って10万円くらいと引き替えにいろいろ勉強してこようかと思っているtakでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年7月 »