« 増税2(今年と来年:所得税減税) | トップページ | 投資信託 »

2005/04/13

増税3(再来年?)

おいおいまだ増税するのかよ〜。
小泉さんが退任したら消費税アップだな、5%から7%・9%、人によったら15%とか18%とか言ってるし、なんて思っていたら、政府税制調査会が、所得税と個人住民税の抜本改革案なんてものをまとめてきた。まだまだこれからの議論でどう転ぶかわからないけれど、ま、増税するんでしょ。(;_;)えーん。

一つは、退職所得。今の退職所得は勤続20年で控除額が変わってお得な仕組みになっている。でも転職が多い中で20年以上なんてのは無意味でしょっていうことなのだが、このお得な分が全くなるなるとして適当に計算してみると勤続30年勤めて1500万〜2500万の退職金を貰う人で、税金10万〜20万円アップ。
2つ目は、会社員のみなし経費の見直し。うーん、これはtakの想定の範囲外。やられた〜。
会社員は、給与収入の2割〜3割を経費として認めて税金をかけていないんだけど、これを見直すというもの。年収500万の人でみなし経費約100万。これが認められないとなると税率10%なら10万円の増税。
ま、100%なくするというのは無理っぽいが、半分くらいにはなるのかなぁ。年収500−900万の人で、5−15万増税になるっていう感じか。

消費税がいつ増税されるかわからないけど、takの場合、年間生活費で300万〜400万使っていてほとんどすべて消費税がかかっている出費だから1%の消費税アップは3〜4万円に相当する。2%アップなら6〜8万円。
貯金ってのも結局「消費」されるし。

消費税は数年かけて10%くらいまではいくと思っているので、5%アップで15〜20万円増税。
増税1と2で書いた、所得税減税廃止分が9万。見なし経費がなくなると5〜10万増税。足すといくらになる?
ここ数年で、30〜40万の増税がほぼ確実な感じ。(T_T)(T_T)(T_T)え〜んえ〜ん(号泣)
定期昇給は今年は維持されたけど、5年間今のまま維持されたとして年9万に相当するから45万円。維持されたとしてだ。。。。ほぼ相殺されるか、消費税とかが予想以上だったら、赤字な訳だね。うーん厳しっ!

という訳で、暮らしとお金に心配な方は、tak-tak-planningに相談しましょう。

|

« 増税2(今年と来年:所得税減税) | トップページ | 投資信託 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/3689770

この記事へのトラックバック一覧です: 増税3(再来年?):

« 増税2(今年と来年:所得税減税) | トップページ | 投資信託 »